全南・光陽市、日本からの輸入水産物の原産地偽装を特別取り締まり

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
全南・光陽市、日本からの輸入水産物の原産地偽装を特別取り締まり
全南・光陽市、日本からの輸入水産物の原産地偽装を特別取り締まり(画像提供:wowkorea)

全南・光陽市、日本からの輸入水産物の原産地偽装を特別取り締まり(画像提供:wowkorea)


 全羅南道(チョルラナムド)光陽(クァンヤン)市は24日、最近の日本の福島原発処理水の海洋放流決定に関連して、日本からの輸入水産物の原産地偽装行為について今月30日まで関係機関と合同で特別取り締まりを行うと発表した。

 今回の取り締まりは、日本からの輸入水産物の原産地偽装行為が行われているという国民の憂慮が高まっており、原産地虚偽表示の根絶に向けて実施される。

 合同取り締まりには光陽市(地域経済課、鉄鋼港湾課)、該当邑・面・洞、国立水産物品質管理院、全羅南道東部水協が参加し、放射線測定と同時に原産地表示に関する特別取り締まりを実施する。

 重点取締り品目は最近輸入量が増加している活真鯛や活ホタテなどと違反頻度の高い輸入流通商品の活ウナギ、冷蔵スケソウダラや輸入流通関心品目の冷凍太刀魚や活ヌタウナギなどだ。

 12種から15種(ヒラメ、クロソイ、真鯛、ドジョウ、ウナギ、タコ、スケソウダラ、サバ、太刀魚、イカ、ワタリガニ、イシモチ、マグロ、アンコウ、イイダコ)に拡大された水産物原産地表示義務品目に違反しているかどうかも同時に点検する予定だ。

 光陽市は特別取り締まりを通して水産物原産地未表示者に過料を科し、偽装表示者に対しては現場で立件と司法処理、行政処分を行うなど厳正な措置を取る計画だ。
2021/04/24 23:04配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp 84


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.