“日本の原発汚染水放流”、韓国が米の役割を「希望」だが…米は「介入不適切」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
“日本の原発汚染水放流”、韓国が米の役割を「希望」だが…米は「介入不適切」
訪韓中のジョン・ケリー米国気候問題担当大統領特使(画像提供:wowkorea)

訪韓中のジョン・ケリー米国気候問題担当大統領特使(画像提供:wowkorea)

日韓関係がこれまでの歴史問題に加えて、日本による一方的な福島原子力発電所汚染水放流決定まで発生したことで 更に厳しさを増す中、米国には「仲裁の意志がない」ことが再確認された。

訪韓中のジョン・ケリー米国気候問題担当大統領特使はきのう(18日)、ソウル市内での記者会見で、福島原発汚染水放出問題解決のための米国の役割に関する質問に「核心は、(放出手続きを)きちんと履行することにある」とし「米国は、日本政府が国際原子力機関(IAEA)と十分に協議し、IAEAが非常に厳格な手続きを立てていると確信している」と語った。

また“日本が韓国に十分な情報を提供するよう、米国がその役割を担うのか”という質問にケリー特使は「我々は これがどのように進められるのか、日本とIAEAがどのようにするのかを見守らなければならないが、今は計画していない」とし「すでに進行中であり、非常に明確な規定と期待値のある手続きに、米国が介入するのは適切ではないと考える」と答えた。

ケリー特使のこのような発言は、米国は放流決定自体に「反対せず」、IAEAの検証過程で問題がなければ「介入する意志もない」という意味だと解釈される。

先日 チョン・ウィヨン(鄭義溶)韓国外相はケリー特使との晩餐で、日本政府による汚染水放流決定について、韓国政府と国民の深刻な憂慮を米国側に伝えた。加えて 日本が国際社会に対して透明で迅速な情報を提供できるよう、米国側が関心を持って協力してくれることを求めた。
2021/04/19 07:40配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 96 最終更新:2021/04/19 07:46


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.