女子トライアスロン元韓国代表選手の自殺、暴行加えていた元監督に懲役7年

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
女子トライアスロン元韓国代表選手の自殺、暴行加えていた元監督に懲役7年
女子トライアスロン元韓国代表選手の自殺、暴行加えていた元監督に懲役7年(画像提供:wowkorea)

女子トライアスロン元韓国代表選手の自殺、暴行加えていた元監督に懲役7年(画像提供:wowkorea)

女子トライアスロン元韓国代表選手だった故チェ・スクヒョンさんが自殺した事件で、暴行を加えていた中心人物らに懲役4~7年の刑が言い渡された。

 テグ(大邱)地裁は29日、故チェ・スクヒョンさんを暴行した疑いで起訴されたキョンジュ(慶州)市庁職場運動部のキム・ギュボン元監督とチャン・ユンジョン元主将に対する宣告公判で、キム元監督に懲役7年、チャン元主将に懲役4年をそれぞれ宣告した。

 キム元監督は昨年3月、先輩選手らと共に故チェ・スクヒョンさんに対する暴行に加担した疑いが明らかとなり、同年5月末に起訴相当の意見を付けて検察に送検された。

 元トライアスロン韓国代表選手だった故チェ・スクヒョンさんは昨年、スマホメッセンジャーを通じて「ママ、愛してる。あの人たちの罪を明らかにして」という短いメッセージを残し、自ら命を絶った。

■自殺を防止するために厚生労働省のホームページで紹介している主な悩み相談窓口
●こころの健康相談統一ダイヤル:0570-064-556
●よりそいホットライン:0120-279-338、岩手県・宮城県・福島県から:0120-279-226
●いのちの電話:0570-783-556
2021/01/29 11:12配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp 4 最終更新:2021/01/29 13:26


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング



韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.