法務次官‘タクシー運転手暴行事件’、ソウル中央地検が担当=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
法務次官‘タクシー運転手暴行事件’、ソウル中央地検が担当=韓国
法務次官‘タクシー運転手暴行事件’、ソウル中央地検が担当=韓国

法務次官‘タクシー運転手暴行事件’、ソウル中央地検が担当=韓国(画像提供:wowkorea)

弁護士時代、タクシー運転手に暴行した容疑が持たれたイ・ヨング(李龍九)法務次官の事件をソウル中央地検が担当する。

22日、法曹界によると、最高検察庁は市民団体である、法治主義を正す行動連帯(法正連)が告発した李次官事件をソウル中央地検に割り当てた。

最高検察庁は、事件がソウル市ソチョ(瑞草)警察署の管轄だった点を考慮して、ソウル中央地検に割り当てた。ソウル中央地検は23日以後、部署の割り当てを決める予定だ。

法正連は20日、李次官のタクシー運転手暴行事件を最高検察庁に捜査依頼した。法正連は「警察の捜査終結決定は法理的にも、捜査実務的にも失笑を禁じ得ない決定であり、李次官を大目に見るための不法な特恵」とし「検察は徹底した捜査を通じて、関係者を厳罰に処すべきだ」と主張した。

李次官は11月7日、ソウル市瑞草区のあるマンション前で、酒に酔ってタクシーの中で寝ていたところ、自分を起こそうとするタクシー運転手の胸ぐらをつかんだと把握された。ソウル瑞草警察署は、タクシー運転手が李次官への処罰を望まないという意思を示したとし、事件を終結処理した。

当時、警察は運転中でないという理由で、運転手暴行の際は加重処罰しなければならないという特定犯罪加重処罰法の条項を適用せず、刑法上の単純暴行として処理した。最近、このような事実が伝えられ、‘大目に見ている’の論議が起こった。

李次官は「私の事案は警察で検討をし、是非がはっきりすると思う」とし「公職者になったので、今後はさらに慎重に行動する」と明らかにした。
2020/12/22 21:08配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
韓国でNO.1!大ヒットスタート!!  コン・ユ × パク・ボゴムが贈るSFエンターテインメント SEOBOK/ソボク公開決定・ティザービジュアル・予告編<第一弾>

真髄と夢のルーツを探るドキュメンタリー映画『ジェジュン:オン・ザ・ロード』 公開日が2021年7月2日(金)に決定!ポスタービジュアル&予告編映像も本日解禁!

キム・ヘス、ユ・アインら豪華キャストが共演!韓国ウォンが急下落した通貨危機の裏を描く衝撃作『国家が破産する日 』5月1日(土)から Huluで独占配信

藤原竜也×竹内涼真主演!極限のノンストップ・サスペンス「太陽は動かない」の鍵を握る、プロデューサー陣も絶賛の実力派俳優ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハンの魅力とは!?

「WEi」(ウィーアイ)日本上陸!ニューアルバム「IDENTITY : Challenge」3/5(金)リリース決定!~近日中に予約開始!購入者特典オンラインイベント開催~

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.