自殺した女子トライアスロン元韓国代表選手の父親、暴力加害者らの再審申請に「許せない」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
自殺した女子トライアスロン元韓国代表選手の父親、暴力加害者らの再審申請に「許せない」
自殺した女子トライアスロン元韓国代表選手の父親、暴力加害者らの再審申請に「許せない」

自殺した女子トライアスロン元韓国代表選手の父親、暴力加害者らの再審申請に「許せない」(画像:news1)

 女子トライアスロン元韓国代表 故チェ・スクヒョン選手の父親チェ・ヨンヒさんが、スクヒョンさんを暴言や暴行で苦しめていた加害者らの再審申請を「予想していた」とした上で、「最後まで戦い、絶対に許さない」と立場を明かした。

 チェさんは15日、慶州市庁チームのキム・ギュボン監督など加害者3人全員が再審を申請したことと関連し、「(申請)しなければ本人が罪を認めたことになるため、(再審を)申請するだろうと思っていた」とし、「法的処罰を受けた後、謝罪を受けるという立場に変わりはない」と述べた。

 また、チェさんは「男子の先輩は謝罪をしたが、キム監督と主将のチャン・ユンジョン選手からは未だ何の連絡もない。ことし5月の告訴後、これを取り消してほしいとの趣旨で(私に)会ってほしいという連絡はきたが、応じていない」と明かした。

 大韓トライアスロン協会は14日、「トライアスロン協会懲戒関連者のキム・ギュボン監督をはじめ選手2人がきょう(14日)、メールで再審を申請した」と明らかにした。

 これを前に去る6日、大韓トライアスロン協会・スポーツ公正委員会はキム監督とチャン・ユンジョン選手に永久除名を、また男子選手(先輩)には10年間の資格停止を決定していた。
2020/07/15 14:17配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.