女子トライアスロン元韓国代表選手の自殺、”暴行目撃”の同僚選手らがソウル西部地検で告訴人・参考人聴取

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
女子トライアスロン元韓国代表選手の自殺、”暴行目撃”の同僚選手らがソウル西部地検で告訴人・参考人聴取
女子トライアスロン元韓国代表選手の自殺、”暴行目撃”の同僚選手らがソウル西部地検で告訴人・参考人聴取

女子トライアスロン元韓国代表選手の自殺、”暴行目撃”の同僚選手らがソウル西部地検で告訴人・参考人聴取(画像:news1)

 女子トライアスロン元韓国代表 故チェ・スクヒョン選手の同僚選手2人が告訴人兼参考人として9日、ソウル西部地検に出頭し聴取を受けている。

 2選手の代理人パク・ジフン弁護士はこの日午後、ソウル西部地検前で「チェ選手に対する被害事実の目撃者として、参考人聴取が先におこなわれる予定。以降、テグ(大邱)地検に告訴状を提出したことと関連し、告訴人陳述をおこなう予定」と明かした。

 キョンジュ(慶州)市庁所属のトライアスロン選手として活動する2人はこの日、大邱地検に慶州市庁チーム所属のキム・ギュボン監督とチームドクター、選手2人の計4人を暴行などの容疑で告訴した。

 選手らは4人から暴行を受け、さらに故チェ・スクヒョン選手の暴行被害を目撃したと主張している。

 この日の聴取は、2選手が首都圏に住んでいることから、大邱地検の検事がソウル西部地検に出張し、ソウルで聴取がおこなわれることになった。

2020/07/09 17:03配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.