1か月遅れで釈迦誕生日行事の奉祝法要式開催=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
1か月遅れで釈迦誕生日行事の奉祝法要式開催=韓国
1か月遅れで釈迦誕生日行事の奉祝法要式開催=韓国

韓国・キョンギド(京畿道)ナムヤンジュ(南楊州)市にあるポンソン(奉先)寺で奉祝法要式がおこなわれた。(画像:WoW!Korea)

 新型コロナ感染拡大の影響で、1か月遅れて仏紀2564年の仏様が来られた日(釈迦誕生日)の奉祝法要式がおこなわれた。仏教界の一番行事だが、例年に比べて規模を小さくしておこなわれ、寺刹を訪れた信徒や市民は、ことしも両手を合わせて釈迦の誕生の意味を刻み、誕生日を祝った。

 信徒たちは新型コロナで疲れた家族や隣人に仏の慈悲が広がることを願いながら、新型コロナ克復と家族の健康という願いが込められた例年とは違った意味の五色提灯が寺いっぱいに飾られた。

 韓国・キョンギド(京畿道)ナムヤンジュ(南楊州)市にあるポンソン(奉先)寺でおこなわれた法要式で、チョギョク(超格)住職は「新型コロナのように目に見えない非常に小さな存在が全世界に影響を及ぼすことを確認しました。新型コロナウイルスだけがそうなのではなく、私たちも同じです。私たちの考えや言葉、行動は全宇宙に影響を及ぼします。だから自ら仏様のように気遣い、仏様のように話し、仏様のように行動すれば、世界中が仏様でいっぱいの華厳世界に成就するでしょう」と説法した。

 ポンソン寺は精進料理アカデミーやテンプルステイで有名な大韓仏教曹渓宗25教区本寺としての法要式にはナムヤンジュ市のチョ・グァンハン市長、ウィジョンブ(議政府)市のアン・ビョンヨン市長、国会議員のチョ・ウンチョン、オ・ヨンファン、キム・ヨンミンらも参加した。
2020/06/01 13:05配信  Copyrights(C)wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.