“11年ぶりのKリーグ復帰”イ・チョンヨン「もっと遅くなる前に来たかった」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
“11年ぶりのKリーグ復帰”イ・チョンヨン「もっと遅くなる前に来たかった」
“11年ぶりのKリーグ復帰”イ・チョンヨン「もっと遅くなる前に来たかった」

“11年ぶりのKリーグ復帰”イ・チョンヨン「もっと遅くなる前に来たかった」(提供:news1)

 ヨーロッパ生活を終えて11年ぶりに韓国の舞台に復帰する“ブルードラゴン”イ・チョンヨン(31)がKリーガーとしての活動を始めた。所属チームは蔚山現代だ。

 イ・チョンヨンは5日午後、ソウル・サッカー会館で開かれた公式入団式を兼ねた記者会見に出席した。

 先立って、蔚山現代は去る3日、「イ・チョンヨン選手とKリーグ復帰について議論した。2020シーズンを控えてクラブ最高待遇でイ・チョンヨンの合流が確定した」と発表していた。契約期間は3年。

 実に11年ぶりのKリーグ復帰を知らせた日、イ・チョンヨンはキム・グァングク蔚山現代代表理事から背番号72番のユニフォームを受け取った。7月2日がイ・チョンヨンの誕生日だ。

 イ・チョンヨンは「11年ぶりにKリーグでプレーできるチャンスがきた。国内ファンの前で毎週試合できるようになりうれしく思う。このようなチャンスをくれた蔚山現代に感謝の気持ちを伝える」と述べた。

 続けて「国内に復帰することを決定するまでとても悩んだ。色んなことを考えた。もしかしたらファンが覚えている僕の姿は、僕が思うより期待値が高い可能性があるという懸念があった」と本音を明かした後、「しかし、プレッシャーはサッカー選手ならば常に持つべきで、克服すべきことだと思う。むしろ責任感を持ってプレーできるのではないかと前向きに考えて戻ってきた」と述べた。

 これ以上年を取る前に、まだ高いレベルを維持しているときに戻り、国内ファンに良い姿を見せたいという意思が復帰の決定的な背景だった。

 イ・チョンヨンは「年を取って、選手生活があまり残っていない状況で国内ファンの前で試合するよりは、良いレベルのうちにプレーしたかった」とし「7年前ボルトンでプレーしたとき、またW杯で活躍していた僕を覚えていてくださるファンのために、毎週僕の姿をお見せしたかった」と復帰の心境を伝えた。
2020/03/06 14:39配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.