日本の輸出規制強化 韓国産業は不安乗り越え競争力強化へ

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
日本の輸出規制強化 韓国産業は不安乗り越え競争力強化へ
日本の輸出規制強化 韓国産業は不安乗り越え競争力強化へ

日本政府は1日、半導体とディスプレーの製造に必要な3品目について、韓国向け輸出規制を4日から強化すると発表した(コラージュ)=(聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】日本政府が韓国への半導体材料などの輸出規制強化に踏み切ったことを受け、韓国の半導体、ディスプレー業界は戸惑いながらも、輸入先の多角化や国産化を図るなど、競争力強化に乗り出している。折悪しく昨年末から世界の半導体、ディスプレー産業が不振に陥る中、外交問題による大きな悪材料が発生したのは韓国企業にとってダメージとなる。日本がさらなる規制強化に踏み切る可能性もある。これに対し韓国政府と業界は官民協力体制を築いて中長期的な産業育成策を模索する一方、国際社会に日本の「横暴さ」を訴える戦略に乗り出すなど、長期戦に備える構えだ。

◇大企業は緊急体制 対策に奔走

 日本が1日、対韓輸出規制強化の発動を予告した直後から、韓国の大企業は一斉に緊急時の経営体制を敷いて対策作りに乗り出した。半導体大手のサムスン電子とSKハイニックスはそれぞれ顧客に「供給に支障を来さないよう最善を尽くす」との趣旨の書簡を送ったとされる。輸出規制強化の対象品目の在庫を点検し、日本に役員などを派遣し、緊急に追加調達が可能か把握に努めた。

 トップ自らが日本に飛んだ企業もある。サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長は日本の業界関係者と会って解決策を模索し、韓国ロッテグループの辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)会長は財界、金融界の要人と接触したようだ。現代自動車グループの鄭義宣(チョン・ウィソン)総括首席副会長は現地の供給網を点検するために18日に日本へ出発した。

 事態長期化の兆しを受け、新たな調達先の確保に動いている。中国メディアは韓国の半導体メーカーが中国の化学企業に、日本の輸出規制強化の対象品目であるフッ化水素を発注したと報じた。また日本メディアによると、サムスン電子とSKハイニックスは日本以外のメーカーが製造したフッ化水素の品質試験に着手した。

◇素材・部品産業育成で官民協力 規制緩和も

 韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償を命じた強制徴用訴訟問題に端を発した日本政府の輸出規制により、韓国経済をけん引してきた半導体とディスプレー産業が危機にさらされていることを受け、政府と企業は「官民協力」体制を構築した。日本が規制強化を発表する前日に日本メディアが先に報じると、韓国政府と業界は直ちに緊急会議を開き、需給対策を点検した。
日本の輸出規制強化 韓国産業は不安乗り越え競争力強化へ

産業通商資源部の成允模長官=(聯合ニュース)

日本政府の発表当日には、洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官の主宰で関係閣僚による会合を開き、成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源部長官は輸出戦略会議を主宰した。青瓦台(大統領府)の国家安全保障会議(NSC)常任委員会も開かれた。

 韓国は日本を世界貿易機関(WTO)に提訴する方針を示すとともに、素材、部品、製造装置産業の育成に向けた中長期投資計画を打ち出した。

 一方、日本は3品目の輸出規制強化に続き、輸出審査手続きを優遇する「ホワイト国」から韓国を除外する方針を明らかにした。韓国は事態が自動車や化学など全産業に広がる恐れがあることを念頭に、対策作りを始めた。

 政府は素材、部品の国産化や新たな調達先の確保が可能か探っている。産業育成策を短期と中長期に分けて策定して、今月末か来月初めに発表する計画。素材、部品開発事業関連の許認可や予算投入を迅速に進めるための規制緩和措置も検討しているようだ。

◇長期戦に備え国際社会へ働きかけ

 日本が強硬姿勢を崩さない場合に備え、韓国は国際社会に働きかける外交戦にも乗り出した。安倍晋三首相が6月の主要20カ国・地域(G20)首脳会議で、「自由で開かれた経済は平和と繁栄の礎」だと発言した直後、自らその原則に背く措置を取ったと指摘し、圧力を強めている。

 今月9日のWTO物品貿易理事会では日本の輸出規制の問題点を挙げた。23~24日のWTO一般理事会にも高官級の代表団を派遣し、日本の措置が政治的な目的の経済報復だと主張する計画だ。

 産業界は日本の措置が世界に連鎖的な影響を及ぼすと強調している。海外の電子製品メーカーから生産の先行きを懸念する問い合わせがあったことも明かした。

 海外の主要メディアは、半導体メモリーでシェアトップのサムスン電子とSKハイニックスが生産に支障を来せば、電子産業だけでなく自動車、航空、造船、化学など幅広い分野が混乱に陥りかねないと指摘する。米国をはじめとする国際社会がリスク軽減に向け仲裁に乗り出すとの観測も出ている。  

2019/07/20 09:00配信  Copyright 2019(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.