大韓航空 B787を計30機導入へ=投資額1兆円規模

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
大韓航空 B787を計30機導入へ=投資額1兆円規模
大韓航空 B787を計30機導入へ=投資額1兆円規模

B787―9(大韓航空提供、転載・転用禁止)=(聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】韓国の大韓航空が米航空機大手、ボーイングの新型旅客機「B787」30機を新たに導入することが19日、分かった。

 

 大韓航空を中核とする財閥、韓進グループの趙亮鎬(チョ・ヤンホ)前会長の死去により、長男の趙源泰(チョ・ウォンテ)大韓航空社長がグループ総帥に就任してから初の大規模な航空機導入決定で、機種の近代化や中・長距離路線の競争力強化のための布石と受け止められる。

 航空業界によると、大韓航空はフランスで開かれたパリ国際航空ショーに参加し、ボーイングと「B787―10」20機、「B787―9」10機の計30機を導入する内容の了解覚書(MOU)を締結した。

 B787―10は10機をリース方式で導入し、残りは購入する。

 購入する20機の価格は約7兆5000億ウォン(約6930億円)で、10機のリース費用も含めると投資額は計11兆5000億ウォン(約1兆600億円)に上る。

 B787―10はボーイングの最新モデルで、最大330人の乗客が搭乗できる長距離中型機だ。韓国の航空会社が同モデルを導入するのは初めて。

 大韓航空はB787―9を2020年から、B787―10を21年から順次就航させる計画だ。

 同社は17年にB787―9を初めて導入し、現在10機を保有している。今回の追加導入で、ドリームライナーと呼ばれるB787シリーズは計40機規模となる。

 趙源泰社長は「燃費が大きく向上し、乗客と貨物をさらに多く輸送できるB787―10は、B787―9と共に大韓航空の中・長距離路線で中心的な役割を果たすことになる」と述べた。

2019/06/19 10:00配信  Copyright 2019(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2019/06/19 14:05


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>