北朝鮮発射の飛翔体 依然「分析中」=韓国大統領府

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
北朝鮮発射の飛翔体 依然「分析中」=韓国大統領府
北朝鮮発射の飛翔体 依然「分析中」=韓国大統領府

青瓦台=(聯合ニュースTV)

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の関係者は15日、北朝鮮が4日と9日に発射した飛翔体について、「分析が続いているものと承知している」と記者団に述べた。

 韓国軍関係者は12日、北朝鮮が9日に発射した短距離ミサイルとみられる飛翔体について、「韓米は共同分析を進めている」と伝えていた。また、国防部の崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官は13日の定例会見で、飛翔体が弾道ミサイルかどうかに関し「韓米両国が緊密に協力し、精密な分析を進めている」と述べるにとどめた。

 青瓦台関係者は、北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射する可能性を一部メディアが取り沙汰していることについては「発射されたという話は聞いていない。仮定を前提に答えるのは適切ではない」と述べた。

 一方、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)の訪韓の推進状況に関しては「訪韓の可否や人員、時期など、全てオープンな状態で協議が進んでいる」と説明した。

2019年5月15日14時2分配信 (C)YONHAP NEWS


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.