乗馬協会、“国政介入”崔順実の娘に対し不当受領の訓練費返済訴訟を提起=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
乗馬協会、“国政介入”崔順実の娘に対し不当受領の訓練費返済訴訟を提起=韓国
乗馬協会、“国政介入”崔順実の娘に対し不当受領の訓練費返済訴訟を提起=韓国

乗馬協会、“国政介入”崔順実の娘に対し不当受領の訓練費返済訴訟を提起=韓国

 “政界への不正介入”崔順実(チェ・スンシル、62)の娘、チョン・ユラ氏(21)が乗馬の国家代表時に大韓乗馬協会から得た訓練費返済を求められている。これにチョン氏側は法的責任はないと反論した。

 ソウル中央地裁民事1002単独カン・ヨンホ部長判事審理で5日おこなわれた弁論期日でチョン氏側の弁護人は「1996年生のチョン氏が訓練費を受け取った2014年、2015年は未成年者だった。返済する法的責任はない」とし、「費用を受け取っていたのであれば法的代理人を通してであり、チョン氏が実際に受け取ったという証拠もない」と主張した。

 チョン氏は2014年、アジア大会仁川大会の団体戦で金メダルを獲得した。当時チョン氏は選手村の外で訓練しながら、手当てなど訓練補助金を受けた。

 だが、国政介入問題が発生し、監査院は国会の要求で文化体育観光部と傘下機関を対象に監査を実施した。その結果、手当てを受ける際の書類の中で署名が一致しなかったり、訓練結果報告書に日程と場所が記載されていないなど、不当に支給された訓練費があったことが明らかになった。

 乗馬協会は監査結果に沿い、チョン氏に不当に支給された2014~2015年の訓練費を返済するよう要請したが、受け入れられなかったため、2000万ウォン(約200万円)相当の不当利益金請求訴訟を提起した。

 チョン氏の弁護人は「他の選手にも書類不備があるか確認しなければならない。また、監査院の要求によって再調査したり、審議議決したという書類もない」と強調した。続けて「乗馬協会がチョン氏に訓練費返済を要求する手続き的な問題もある。感情的に(訴訟)したのではないのか」と指摘した。

 カン部長判事は10月31日の弁論期日で双方の主張を整理する方針だ。
2018/09/05 16:58配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.