”八百長”投手イ・テヤン、「永久失格の取消し訴訟」に敗訴

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
”八百長”投手イ・テヤン、「永久失格の取消し訴訟」に敗訴
”八百長”投手イ・テヤン、「永久失格の取消し訴訟」に敗訴

”八百長”投手イ・テヤン、「永久失格の取消し訴訟」に敗訴(提供:news1)

 ブローカーから金銭を受け取り、勝負を操作した疑いで有罪が確定、永久失格(追放)となった元野球選手のイ・テヤン(25)が、該当処分の取消しを求めて訴訟を起こしたが、これに敗訴した。

 ソウル中央地検は26日、イ元投手が韓国野球委員会(KBO)を相手に起こした永久失格処分無効確認請求訴訟で、原告敗訴の判決を下した。

 イ元投手は、ブローカーより2015年5月から9月まで先発として登板する4試合で、勝負を操作してほしいとの請託を受け、この見返りとして2000万ウォン(約200万円)を受け取った容疑(国民体育振興法違反)で起訴された。

 1審で懲役10か月・執行猶予2年の宣告を受けたイ元投手は、2審で控訴が棄却され、昨年、刑が確定した。

 KBOは、賞罰委員会でイ元投手を「永久失格」とした。この場合、KBOリーグで選手、指導者、球団関係者として活動することができない。また、前所属チームの許可がなければ、米国など海外リーグにも入団することができない。

2018年4月26日14時32分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.