韓国統一部、北朝鮮のICBM級「火星15型」発射 「レッドライン越えていないと判断」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国統一部、北朝鮮のICBM級「火星15型」発射 「レッドライン越えていないと判断」
韓国統一部、北朝鮮のICBM級「火星15型」発射 「レッドライン越えていないと判断」

韓国統一部、北朝鮮のICBM級「火星15型」発射 「レッドライン越えていないと判断」(提供:news1)

 韓国統一部は北朝鮮の先月29日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)級「火星15型」発射がレッドラインを越えていないと1日、判断した。

 統一部のイ・ユジン副報道官はこの日、定例会見で「政府としては今回の北朝鮮のミサイル発射が大気圏再進入、終末段階誘導分野での技術はまだ立証されておらず、核弾頭の小型化技術を確保したかどうかは不透明だ」と述べたことの延長線上と解釈される。

 北朝鮮の追加挑発の可能性については「現在は急激な状況変化や外部的な要因がない場合、当分の間は挑発を自制する可能性が高いと見通している」とし「冬季という季節的な要因もこのような北側の考慮事項のうちの1つになるものとみられる」と述べた。

 実際に金正恩(キム・ジョンウン)政権5年間で北朝鮮が12月に挑発したのは2回にすぎない。

 イ副報道官はまた北朝鮮の動向について「北朝鮮が政府声明を通じて明かした核武力完成主張を容認できず、国際社会と共に北朝鮮の核問題の平和的な解決のため、最善の努力を尽くしていくというのが政府の確固たる立場」と説明した。

 続けて「北朝鮮が今、連日内部的に祝賀行事をおこなっているという報道がされている」とし「これは体制内部の結束を図るため」との見解を示した。
2017/12/01 13:52配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.