<バスケ>“血統詐欺”チェルシー・リーに7億ウォンの賠償命令=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
<バスケ>“血統詐欺”チェルシー・リーに7億ウォンの賠償命令=韓国
<バスケ>“血統詐欺”チェルシー・リーに7億ウォンの賠償命令=韓国

<バスケ>“血統詐欺”チェルシー・リーに7億ウォンの賠償命令=韓国(提供:news1)

 海外同胞選手として韓国女子プロバスケットボールに進出して大活躍したが、“血統詐欺”が判明し、永久追放されたチェルシー・リーがKEBハナ銀行に7億ウォン(約7200万円)の損害賠償をせよという裁判所の判決が出た。

 ソウル中央地裁は、KEBハナ銀行がチェルシー・リーを相手に提起した損害賠償請求訴訟で「チェルシー・リーはハナ銀行に7億4580万1220ウォンを支給せよ」と原告勝訴の判決を下したと1日、明らかにした。

 また、チェルシー・リーとエージェントのアレックス・チェが一緒に2万3500ドル(約260万円)をハナ銀行に支払うよう判決した。ただし米国人エージェントに対しては公示送達を理由に判決しなかった。

 裁判部は公示送達をしたが無反応で一貫したチェルシー・リーについて「自白とみなす」と判決した。アレックス・チェは公示送達により判決した。

 チェルシー・リーは2015-2016シーズン女子プロバスケットボール(WKBL)KEBハナ銀行と海外同胞選手として契約を結んだ。彼女は祖母の国籍が韓国だと伝えられ、外国人選手ではなく、国内選手としてシーズンを消化した。

 その後、チェルシー・リーは特別帰化申請を試みた。国家代表選手として2016年リオデジャネイロ五輪に出場するという意図だった。しかし、この過程でチェルシー・リーが法務部に提出した本人と父親の出生証明書が偽造されたものと調査された。
2017/12/01 11:26配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>