韓国軍「火星15型は新型ICBM級…1万3000キロ飛行可能」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
韓国軍「火星15型は新型ICBM級…1万3000キロ飛行可能」
韓国軍「火星15型は新型ICBM級…1万3000キロ飛行可能」

韓国軍「火星15型は新型ICBM級…1万3000キロ飛行可能」(提供:news1)

 韓国国防部は先月29日、北朝鮮が発射した「火星15型」を新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)級と判断し、通常の角度で発射した場合、1万3000キロ以上飛行が可能だと1日、評価した。

 1万3000キロ以上飛行が可能だということは米国東部のワシントンまで到達が可能であることを意味すると国防部は説明した。

 国防部はこの日、国会国防委員会全体会議でこのような内容の報道資料を提出した。

 ただし国防部は大気圏再進入、精密誘導システム、弾頭作動するかどうかなどについては追加検証が必要だと説明した。

 国防部は「火星15型」は「火星14型」に比べ、ミサイルと移動式発射台(TEL)の長さがそれぞれ2メートル増加したと説明し、直径は0.4~0.8メートル増加したと明かした。
2017/12/01 11:02配信  (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.