韓国女子アイスホッケー代表チーム、10日から米国で合宿

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国女子アイスホッケー代表チーム、10日から米国で合宿
韓国女子アイスホッケー代表チーム、10日から米国で合宿

韓国女子アイスホッケー代表チーム、10日から米国で合宿(提供:news1)

 韓国女子アイスホッケー代表チームが10日から米国合宿を通じて2018平昌冬季五輪へ向けた本格的なトレーニングをおこなう。強度の高いスパーリングを通じて世界トップクラスのチームに対する適応力を高めるという構想だ。

 サラ・マレー監督が率いる韓国女子アイスホッケー代表チームは10日に出国し3週間にわたる米国合宿をおこなう。

 サラ・マレー監督の母校であり、“アイスホッケースター養成所”と呼ばれるミネソタ州のShattuck-St. Mary's Schoolを拠点に、ミネソタとウィスコンシン、オハイオなどを回り、全米大学体育協会(NCAA)女子アイスホッケー1部リーグ所属の強豪チームと強化試合をおこなう厳しいスケジュールだ。

 代表チームは14日、SSMプレップ(18歳以下)との最初の試合を皮切りに、ウィスコンシン大学(17日)、ベミジ州立大学(21日)、セントクラウド大学(23日)、ミネソタ大学(25日)、オハイオ州立大学(27日)と強化試合をおこない、29日に帰国する。

 一方、平昌冬季五輪本選B組でスペイン、スイス、日本と対戦する女子アイスホッケー代表チームは米国合宿後、2週間休息期を持った後、10月中旬に泰陵(テルン)で再招集される予定だ。

2017/09/08 16:45配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.