韓国原子力安全委員会、北朝鮮核実験の証拠“放射性物質”4次まで検出されず

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国原子力安全委員会、北朝鮮核実験の証拠“放射性物質”4次まで検出されず
韓国原子力安全委員会、北朝鮮核実験の証拠“放射性物質”4次まで検出されず

韓国原子力安全委員会、北朝鮮核実験の証拠“放射性物質”4次まで検出されず(提供:news1)

 北朝鮮6次核実験の可否を確認できる4次大気試料に対する分析からも放射性物質が1~3次同様、検出されていないことがわかった。

 韓国の原子力安全委員会は陸軍ヘリコプターで確保した陸上・海上・空中の空気試料で4次放射性物質を測定したところ、先立って実施した1、2、3次の分析と同様にキセノンをはじめとする放射性核種が検出されなかったと8日、明らかにした。

 原子力安全委員会と韓国原子力安全技術院(KINS)は核実験当日である3日午後8時40分から移動式装備を利用した粒子性核種の捕集を開始し、4日昼から日本海上で放射性キセノン捕集に着手していた。

 万一、捕集結果からセシウムやバリウムなど粒子性核種が検出された場合、核実験があったという証拠となる。特にガス形態で存在するキセノン核種が検出されれば核実験の可否をもう少し確実に判断することができる。

 原子力安全委員会の関係者は「今後も放射性核種の追加捕集や分析活動は続けるが、結果は特異事項があったときのみ知らせる予定」とし「全国に設置された環境放射能自動検知網の測定値も平時の水準を維持している」と述べた。

2017/09/08 10:32配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.