輸出数量指数の上昇率 円安効果で日本が韓国上回る

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
輸出数量指数の上昇率 円安効果で日本が韓国上回る
 【ソウル聯合ニュース】1~3月期に韓国の輸出数量指数の上昇率が日本に逆転された。
 韓国銀行(中央銀行)と産業通商資源部、日本財務省の資料を総合すると、日本は1~3月期、輸出金額指数を輸出物価指数で割った輸出数量指数(2010年を100とする)が前年同期比3.8%上昇した。一方、韓国の指数は2.8%の上昇にとどまった。
 韓国の輸出数量指数の上昇率は2012年が5.6%、2013年が4.8%、2014年が4.3%と4%以上を維持してきたが、今年に入り伸びが鈍った。
 日本は2012年に4.8%、2013年に1.5%、それぞれ低下した後、昨年は0.6%の上昇に転じ、今年1~3月期は韓国の伸びを上回った。さらに4月をみると、韓国が1.1%、日本が1.8%と、日本の上昇率のほうが大きい。
 アベノミクスによる円安攻勢の効果が本格化しているためだ。ウォンの対円レートはアベノミクス前の2012年6月に100円=1500ウォン台だったが、今月1日には890ウォン台半ばまでウォン高・円安が進んだ。
 一方、今年1~3月期の輸出金額指数(ドルベース)は韓国が2.9%低下、日本も6.0%低下した。これも円安が影響した。
 NH投資証券のアン・ギテ研究員は、昨年まで韓国の輸出数量指数の上昇率が日本を上回っていたのは、韓国企業が海外に生産拠点を構築し為替の影響を受けにくくなったほか、ブランド力と技術競争力が向上したためと説明した。しかし、今年1~3月期に韓国の指数上昇率が日本を下回ったことについて、「価格競争力がやや損なわれたと推定される」としながら、シェア低下に懸念を示した。

mgk1202@yna.co.kr
2015/06/02 10:00配信  Copyright 2015(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.