日本車と米国車 ガソリン車では韓国市場で善戦

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
日本車と米国車 ガソリン車では韓国市場で善戦
 【ソウル聯合ニュース】韓国ではドイツ製ディーゼル車が輸入車市場を席巻しているが、ガソリン車では日本車と米国車も善戦している。

 韓国輸入自動車協会(KAIDA)が昨年のガソリン車モデルの販売台数(新規登録台数)を集計した結果、1位はドイツのメルセデス・ベンツ(1万767台)、2位は全体の販売実績で6位にとどまった米フォード・モーター(6771台)だった。

 3位はドイツ・BMW(6605台)、4~5位にはともに日本のトヨタ自動車(5181台)とホンダ(4740台)が入った。

 全体の販売台数でドイツの4社(BMW、メルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン、アウディ)が1~4位を占め、トヨタがようやく5位に入る状況とは異なる。

 日本車と米国車が韓国のガソリン車市場で健闘しているのは、ガソリンエンジンの技術面で優位に立っているためだ。

 業界関係者は、「欧州では二酸化炭素排出量が少ないディーゼル車をエコカーに規定しエンジン技術の開発を進めてきたが、日本や米国の消費者はディーゼル車を好まないため、モデルがもともと少ない」と説明した。

 また、ディーゼル車は乗り心地や静かさの面でガソリン車に劣り、耐久性もガソリン車のほうが優れているという。

 ただ、2005年に全体の輸入車販売の95.9%を占めていたガソリン車は、09年に80%を割り込んでから急速にシェアが縮小している。昨年の韓国輸入車市場でのガソリン車割合は34.2%にとどまった。

 そのためフォードや日産自動車は今年、韓国の消費者の好みに合わせたディーゼル車を新たに導入する方策を積極的に検討している。

2014/01/10 10:42配信  (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.