ワイン・焼酎の消費増加 ビール・洋酒は不振=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
ワイン・焼酎の消費増加 ビール・洋酒は不振=韓国
ワイン・焼酎の消費増加 ビール・洋酒は不振=韓国

大型スーパーのワイン販売コーナー=(聯合ニュース)

 【ソウル聯合ニュース】韓国の大型スーパーで1~11月のワインと焼酎の売り上げは増えたが、ビールや洋酒、マッコリなどの伝統酒は不振だったことが10日、分かった。

 スーパー最大手のイーマートによると、1~11月の酒類の売り上げは前年同期比で2.0%増加した。酒類別の伸び率はワインが7.7%で最も高く、次いで焼酎が7.0%だった。ビールは3.7%増にとどまった。伝統酒は9.7%減、洋酒は5.5%減となった。

 ワインが酒類の売り上げ全体に占める割合は前年同期の18.6%から20.6%と2ポイント上昇した。焼酎は15.9%から16.5%に上がった。ビールは46.6%から47.0%と0.4ポイント上昇にとどまった。洋酒は9.8%から8.5%、伝統酒は9.1%から7.4%にそれぞれ下落した。

 イーマート関係者は「ワインの大衆化により大型スーパーが高品質で安価なワインを紹介し、顧客から高い評価を受けた。焼酎の消費量が増えたのは長期不況の影響で低価格帯の酒を買い求めたため」と説明した。

 一方、ロッテマートの酒類の売り上げ(1~11月)にワインが占める割合は17.1%から18.1%に高まった。焼酎は16.0%から16.7%に上昇した。ビールは46.1%から45.6%に低下し、洋酒(マイナス0.2ポイント)、伝統酒(マイナス0.9ポイント)も振るわなかった。

 ホームプラスは焼酎の売り上げが前年同期比で7.0%増え、伸び率が最も大きかった。ワインの売り上げが4.2%増加したのに対し、ウイスキーは14.7%下落した。

2013/12/10 10:32配信  Copyright 2013(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>