不景気で余暇活動の費用・時間が減少=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
不景気で余暇活動の費用・時間が減少=韓国
 【ソウル聯合ニュース】景気低迷で余暇を楽しむ費用の支出が大きく減少し、韓国国民の多くは積極的な活動を控え、テレビ視聴や昼寝、散歩などで余暇を過ごしていることが分かった。

 文化体育観光部と韓国文化観光研究院は27日、「2012年国民余暇活動調査」を発表した。調査は国民の余暇活動の需要と実態を把握する目的で、2年に1度行われる。全国16の市と道で15歳以上の男女5000人を対象に、1対1の面接形式で行われた。

 調査結果によると、余暇に掛ける月平均費用は2010年の16万8000ウォン(約1万3438円)から今年は12万5000ウォンになり、4万3000ウォン減少した。平日の余暇時間は4時間から3.3時間、休日の余暇時間は7時間から5.1時間に減った。

 余暇活動の内容は、休息が59.3%で2年前の36.2%から急増した。一方、趣味・娯楽活動は25.4%から20.9%に減少した。不景気で費用がかかる活動を控えたためとみられる。

 最も多くの人が楽しんだ余暇活動(複数回答)は、テレビ視聴で77.8%。次いで散歩(31.2%)、昼寝(23.6%)、インターネット利用(23.5%)となった。希望する余暇活動は映画鑑賞が41.4%で1位になった。次いで海外旅行(31.4%)、スポーツ観戦(17.7%)の順。

 労働時間週40時間制を導入したものの、実際の労働時間は49.1時間と集計された。余暇生活の不満については、時間が足りない(48.2%)が最も多く、次に経済的な負担(39.9%)などが挙がった。

 文化体育観光部はこの調査結果を基に、国民の余暇時間を増やす対策を進める方針だ。

2012/12/27 17:05配信  Copyright 2012(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2012/12/28 09:23


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>