サムスン電子 東京地裁判決に満足感=特許訴訟

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
サムスン電子 東京地裁判決に満足感=特許訴訟
 【ソウル聯合ニュース】特許侵害をめぐる訴訟で東京地裁が31日、アップルの主張を退けたことを受け、サムスン電子は満足感を示した。判決直後に声明を発表し、「本日の判決はサムスン電子の製品がアップルの特許を侵害していないことを確認させてくれた。今後、モバイル業界の革新に寄与し、日本市場に最高品質の製品を供給できるようベストを尽くす」と明らかにした。

 判決の前にサムスンの内部では勝訴を確信する声が多かったとされる。

 争いの焦点はデザインに関する特許ではなく、携帯電話やタブレット端末をパソコンに接続し音楽や画像データなどを共有できる「同期化」技術に関する特許だったため。技術に関する特許はアップルよりサムスンが優位だとする評価が支配的だ。

 サムスンの関係者は、「米地裁の陪審員評決が予想を大きく外れた影響から回復し、心機一転できるようになった」と伝えた。

 サムスンはこの日の勝訴で、自信を取り戻した雰囲気だ。公式コメントでも業界の革新に寄与すると表明するなど、革新を強調するスタンスを取った。「革新のアイコン」だったアップルを圧倒するとの自信の表れと言えそうだ。

 東京地裁はこの日、携帯端末をパソコンに接続して音楽データなどを共有する技術に関する特許をサムスン電子が侵害したとするアップルの主張を退けた。

 アップルは昨年8月に、サムスン電子日本法人が輸入・販売しているスマートフォン(多機能携帯電話)「ギャラクシーS」などが特許を侵害したとして提訴していた。

2012/08/31 17:08配信  Copyright 2012(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>