南北が実務者接触、サミット金総書記招待の真意説明

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
南北が実務者接触、サミット金総書記招待の真意説明
【ソウル18日聯合ニュース】李明博(イ・ミョンバク)大統領が来春ソウルで開催予定の核安全保障サミットに北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記を招待するとの考えを示したことと関連し、政府が北朝鮮と実務当局者接触を行い、この提案の真意について説明していたことが分かった。

 政府関係者が18日に明らかにした。今後も機会があれば南北間でより具体的な話し合いが行われるものと期待していると述べた。

 南北実務接触が行われたのは、李大統領がデンマーク訪問でラスムセン首相と共同会見を開き、この問題について言及した後だと伝えられた。韓国政府当局は、北朝鮮が非核化の意志を具体的に見せれば、金総書記を招き南北非核化首脳会談を開催するという李大統領の考えを、上層部に伝えるよう要請したものとみられる。

 一方、北朝鮮側は、対韓国窓口機関「祖国平和統一委員会」が非難の談話を出し、李大統領の提案を事実上、拒否した。今後も北朝鮮が提案を受け入れる可能性は高くないという見方が支配的だ。

2011/05/18 16:23配信  Copyright 2011(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2011/05/18 16:22


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.