「米の北朝鮮食糧支援は長期間に少量ずつ」、RFA

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
「米の北朝鮮食糧支援は長期間に少量ずつ」、RFA
 【ソウル18日聯合ニュース】米国が対北朝鮮食糧支援を再開しても、長期間に少量ずつ提供する方式になると米政府系放送局のラジオ自由アジア(RFA)が米議会消息筋の話として報じた。

 RFAによると、世界食糧計画(WFP)が推定した食料不足分43万トンは3億ドル(約244億ウォン)規模で、米国と韓国政府の同意を得るのは難しいと指摘。食糧が確実に住民に届くかどうかを確認するシステムに関して北朝鮮が協力しない場合、食糧支援を中断できるようにするのが政治的な負担を軽減する方法との考えを示した。

 別の消息筋は米政府の食糧支援が小規模になるとしても、支援が決まれば中断していた欧州連合(EU)など国際社会の支援が再開され、食糧問題が解消されると予想した。

 同消息筋は米国務省のキング北朝鮮人権問題担当特使が訪朝するのは食糧支援再開に向けた最後の取り組みになると説明した上で、米政府では韓国政府の了解を得ていない状態で食糧支援を急ぐ動きはなく、再開には時間がかかるとの見解を示した。

 RFAによると、ワシントンの民間団体関係者はキング特使が訪朝を通じ、食糧配分監視問題で北朝鮮と合意すれば米国としては人道的支援を再開せざるを得ず、6月初旬に食糧支援を決定する可能性もあるとの見通しを示した。

2011/05/18 11:55配信  Copyright 2011(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.