完成車メーカーの11月販売、前年比13.8%増

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
完成車メーカーの11月販売、前年比13.8%増
【ソウル1日聯合ニュース】現代自動車、起亜自動車、GM大宇、ルノーサムスン自動車、双竜自動車の国内完成車メーカー5社は11月に海外市場では好調だったが、国内では販売台数が減少に転じるなど、苦戦した。

 メーカー5社が1日に明らかにしたところによると、11月の販売台数は63万3758台で、前年同月比13.8%、前月比3.2%、それぞれ増加した。

 国内販売台数は13万1961台で、前年同月に比べ3.4%減少。前月比でも0.6%減った。海外市場では、現地工場の生産と販売が大幅に増え、全体で50万1797台を販売し、増加率は前年同月比19.5%、前月比4.2%を記録した。

 年初から11月までの累積販売台数は前年同期間比27.2%増の621万5783台となった。

 メーカー別にみると、現代自動車は、非正規雇用者労働組合によるストライキの長期化に伴い、国内販売と輸出がいずれも振るわなかった。国内6万348台、海外25万4221台を販売。海外工場の生産・販売は前年同月に比べ12.1%増加したが、国内販売台数と輸出は13.0%、4.9%、それぞれ減少し、全体では前年同期比1.4%増加にとどまった。

 起亜自動車は、国内販売が前年同月比13.9%増の4万4049台、輸出が39.2%増の17万8067台で、合計22万2116台を販売し、月間ベースの販売台数が初めて20万台を突破した。

 GM大宇は総販売台数が6万4802台で前年同月比18.9%増加した。ルノーサムスンは国内販売が前年同月に比べ14.0%減少したが、輸出が88.6%増加し、全体では増加率が19.2%を記録した。

 双竜自動車は国内3057台、輸出4713台の合計7770台を販売し、法定管理(日本の会社更生法に相当)を申請した昨年1月以降では最大の月間販売台数を達成した。

2010年12月1日19時5分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.