韓国の国家競争力、主要20カ国・地域中8位

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国の国家競争力、主要20カ国・地域中8位
【ソウル21日聯合ニュース】韓国の国家競争力が主要20カ国・地域(G20)のうち、8番目に高いことが21日、分かった。

 G20首脳会議準備委員会が、スイス国際経営開発研究所(IMD)の2009年国家競争力ランキングでのG20の順位を選別して集計した結果、韓国は米国、オーストラリア、カナダ、ドイツ、日本、中国、英国に次ぐ8位だった。韓国は、G20のうち国力は13~14位程度と評価されるが、IMDの調査結果を考慮すると、国家競争力は上位に属するとみることができる。

 国家競争力を部門別にみると、韓国は科学環境指数のうち、基礎研究分野でドイツに次ぐ2位となり、日本と英国が共同3位だった。また、韓国の科学教育水準は10位だった。

 経済活動性部門では米国が1位で、韓国は14位。政府の効率性はオーストラリア、カナダ、中国が1~3位を占め、韓国は10位だった。ただ、政府の財政政策部門で韓国がインドネシア、南アフリカ共和国、カナダに次いで4番目に競争力が高かったことは注目に値する。

 企業効率性はオーストラリアが1位、韓国は9位、企業の労働市場はインドが1位、韓国が10位だった。インフラ構築では米国がトップを占め、韓国は8位だった。科学インフラは米国、ドイツ、カナダに続いて4位だった。

 頭脳流出指数は米国が1位、韓国は14位。人間開発指数のうち、期待寿命は日本が83.0歳で1位、韓国は79.0歳で7位だった。男女平等指数はオーストラリアが1位、韓国は9位だった。



2010/04/21 15:05配信  Copyright 2010(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2010/04/21 16:46


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>