沈没艦船体付近で爆発の可能性、「左から大きな力」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
沈没艦船体付近で爆発の可能性、「左から大きな力」
沈没艦船体付近で爆発の可能性、「左から大きな力」

引き揚げられた艦尾では捜索作業が続けられた=16日、白リョン島(聯合ニュース)

【ソウル16日聯合ニュース】韓国海軍哨戒艦「天安」沈没事故を調査している軍・民間合同調査団による記者会見が16日、国防部で行われた。ユン・ドクヨン共同団長は、「天安」船体は外部爆発により切断され沈没したとみられると発表し、専門家の判断によると、船体付近で爆発があった可能性があると説明した。

 これは、魚雷や機雷が船体に接触せずに水中で爆発し、その圧力で船体が破損する「バブルジェット」の可能に言及したもので、注目される。

 ユン団長によると、艦尾の床面近くは、左側から大きな力が働き、船体を含む鉄板が内側にへこみ、また右側は破損が生じていた。右側から見ると、右側で爆発があったように見えるが、そうした形の破損は外部爆発により生じるというのが、専門家らの判断だと説明した。

 また、最大の問題は証拠の確保だとし、まず艦首を引き揚げ、各種破片など原因把握につながる爆発物の残骸(ざんがい)を回収しなければならないため、原因究明には多少時間がかかるとの見方を示した。

 同じく共同団長を務める合同参謀本部の朴正二(パク・ジョンイ)戦略発展本部長は、直接の原因を分析することができる破片の一部を発見し、前日の現場鑑識で多数採取したと明らかにした。現在、分析作業を進めているとした。事件の原点から無人潜水艇やソナー(音響探知機)などを用い精密探索し、海底の土を含むさまざまな物質を採取するなど、証拠確保に注力していると強調した。



2010/04/16 16:03配信  Copyright 2010(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2010/04/16 16:43


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.