サムスン重工業ことし受注額21億ドル、昨年の3倍

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
サムスン重工業ことし受注額21億ドル、昨年の3倍
【ソウル15日聯合ニュース】サムスン重工業の今年の累計受注額が、前年同期の3倍に当たる21億ドル(約1億7682万円)に達している。

 同社は15日、このほどギリシャの船会社から15万8000トンクラスのオイルタンカー2隻を1億3000万ドル(約121億円)で受注したと明らかにした。今年受注したオイルタンカーは11隻に増え、実績改善に弾みがついた。

 また先ごろ、欧州最大の石油エネルギー企業、ロイヤル・ダッチ・シェルが昨年発注した液化天然ガス(LNG)-FPSO(浮体式石油生産・貯蔵・積出設備)の船体に対する設計・物量を決定。同日に1次受注額を11億8000万ドルと公示した。

 これにより、同社の今年の累計受注額は21億ドルと、すでに昨年の年間受注額(14億ドル)を大きく上回った。同社の昨年同期間の受注額は7億ドルにとどまる。

 サムスン重工業は、年初からオイルタンカー受注が相次ぐなど市場が好転しているのは、近ごろ国際原油価格が1バレル=80ドルを上回り、石油輸出国機構(OPEC)の増産の可能性を念頭に置いた海運会社が、船舶の確保に乗り出したためだと説明した。また、大手海運会社が金融危機のあおりで一部船舶の運航を中断したり、発注済船舶の引渡し延期を要求しているなか、先導グループへの跳躍を目指す中堅海運会社を中心に、船舶発注交渉も増えていると伝えた。



2010/04/15 14:02配信  Copyright 2010(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2010/04/15 14:33


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報

俳優ヒョンビンが悪役に初挑戦! ソン・イェジン共演の心理サスペンス映画『ザ・ネゴシエーション』DVDが2/5より発売

「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.