飲食・宿泊業への就業者数、11年ぶり最低に

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
飲食・宿泊業への就業者数、11年ぶり最低に
【ソウル20日聯合ニュース】政府の雇用対策を追い風に就業者数が3か月連続で増加したが、飲食・宿泊業は逆に減少幅が拡大し、10月は11年ぶり最悪の減少率を示した。

 統計庁が20日に明らかにしたところによると、10月の飲食・宿泊業の就業者は186万9000人で、前年同月(201万8000人)より14万9000人(7.4%)減少した。減少幅と減少率は、通貨危機翌年の1998年12月(18万2000人、マイナス9.1%)以降、11年ぶり最大となる。

 同業種への就業者数は、昨年8月(マイナス1万4000人)から15か月連続で減少している。前年同月比の減少幅はことしに入って拡大し、2月からは就業者数が200万人を下回っている。年間ベースでも2003年(198万1000人)以降、初めて200万人を割る見通しだ。

 こうした減少は、飲食・宿泊業が1999年から増加を続け飽和状態に達し、構造調整が行われている中で、昨年9月に発生した経済危機も重なり閉店が増えたため。統計庁関係者は、宿泊業より飲食業の就業者減少が深刻だとし、不況の影響を受ける自営業者が多いようだと説明した。

 年間ベースの飲食・宿泊業就業者は、1998年174万8000人に急減した後、1999年から再び増加し始め、2002年に200万7000人と200万人を超えた。その後、2005年の205万8000人をピークに、2006と2007年が204万9000人、2008年が204万2000人とやや減少した。

2009/11/20 12:00配信  Copyright 2009(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2009/11/20 12:23


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>