韓国銀行総裁、ことしマイナス成長の可能性を示唆

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国銀行総裁、ことしマイナス成長の可能性を示唆
韓国銀行総裁、ことしマイナス成長の可能性を示唆

朝食会で講演を行う李総裁=30日、ソウル(聯合ニュース)

【ソウル30日聯合ニュース】韓国銀行の李成太(イ・ソンテ)総裁が初めて、ことしマイナス経済成長の可能性を示唆した。李総裁は30日、ソウル市内のホテルで開かれたソウルエコノミストクラブの朝食会で「昨年第4四半期を景気低迷の始まりとみると、ことしもマイナス成長が確実だ」との見方を示した。

 李総裁は現在の状況について、世界的にも数十年ぶりの深刻な経済収縮期だと指摘し、いまや月単位ではなく週単位で経済見通しが変わる状況だと述べた。その裏づけとして、3週間前の国際決済銀行(BIS)総裁会議で、国際通貨基金(IMF)総裁が非公開を条件に世界経済見通しに言及したが、数日前のIMF発表はそれよりさらに悪化しており、その間に内部で修正が行われたということだと説明した。

 李総裁は、昨年第4四半期のマイナス成長を長期低迷の始まりとみるか一時的なものとみるかによって見通しが変わってくると述べた。その上で、景気低迷の始まりとみて、さらにことし第1、第2四半期も昨年第4四半期と大きく変わらないとすれば、ことしもマイナス成長は確実だとした。ただ、第1、第2四半期が昨年第4四半期より高い水準で始まるとみた場合は、成長率がマイナスになるかプラスになるかは検討がつかない状況だとした。また、ことしは雇用も減少する可能性が大きいと述べた。

 通貨政策と関連しては、経済・金融市場の状況を点検しながら政策の有効性が極大化する方向で基準金利の調整時期と幅を決めるとした。公開市場の操作および総額限度融資を活用し、信用供給が制限される部門に資金が流れるよう誘導する計画だ。自己資本拡充努力を後押しするなど、銀行の信用供給余力増大も支援する。

 李総裁は、現時点では金融安定と景気回復が何より重要だが、金融市場不安解消後に備えることも需要だと強調した。危機対応過程で導入した各種政策手段を効果的に整理する案も講じると説明した。

2009/01/30 11:18配信  Copyright 2009(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2009/01/30 11:52


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.