コメ消費が減少の一途、昨年は1人75.8キロ

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
コメ消費が減少の一途、昨年は1人75.8キロ
【ソウル29日聯合ニュース】統計庁が29日に明らかにしたところによると、2008糧穀年度(2007年11月~2008年10月)の1人当たりの年間コメ消費量は75.8キログラムで、前年(76.9キログラム)に比べ1.1キログラム(1.4%)減少した。1人当たりの1日平均消費量は207.7グラムで、前年(210.9グラム)より3.2グラム(1.5%)減った。

 コメの年間消費量は1963年から統計が作成され、1970年の136.4キログラムをピークに増減を繰り返した。1984年(130.1キログラム)以降は減少の一途をたどっており、2006年からは80キログラムを下回っている。しかし、日本の61.4キログラムや台湾の47.5キログラム(いずれも2007年)に比べると依然多い水準だ。

 統計庁関係者はコメ消費量の減少背景として、肉類や穀類加工品など食生活の多様化、1人暮らしや共働き世帯の増加による食パン、もち、めん類といった代替食品の消費拡大などを挙げた。

 1998年と2007年のコメと畜産肉類、果実、野菜類の消費量推移をみると、コメ消費量は減少を続けている半面、畜産肉類と果実は持続的に増え、野菜類はほぼ変わらなかった。特に農家のコメ消費量の減少傾向が著しく、農家でない世帯は前年比0.9キログラム(1.2%)減の72.4キログラムを消費したのに対し、農家は前年比5.1キログラム(4.0%)減の122.5キログラムを消費した。

2009/01/29 17:06配信  Copyright 2009(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.