韓国技術競争力は日本の10%水準、韓国銀行報告書

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国技術競争力は日本の10%水準、韓国銀行報告書
【ソウル28日聯合ニュース】韓国製造業の不振が最近進んでいるのは、輸出依存度の高さもあるが技術競争力の不足も主な原因だと指摘された。

 韓国銀行は28日に発表した報告書「日本製造業競争力の源泉と示唆点」を通じ、韓国の技術競争力は日本の10%水準にすぎないと分析した。また、韓国の製造業政策は単発的で一貫性が不足していると指摘した。

 報告書によると、韓国の技術貿易収支倍率は2007年現在0.34倍で、日本の3.49倍に比べ12%にとどまった。貿易収支倍率とは技術輸出を技術輸入で割ったもので、数値が低いほど技術競争力が低いことを意味する。韓国銀行調査局のチョン・フシク専門研究委員は「韓国の技術競争力は日本の10%程度だということを示している」と説明した。

 また、この数値が確保できた経済協力開発機構(OECD)加盟21カ国のうち、韓国より数値が低い国はメキシコ(0.08倍)とポーランド(0.24倍)の2カ国だけだった。米国は2.12倍、英国は1.97倍、フランスは1.60倍、カナダは1.76倍、フィンランドは1.28倍、イタリアは1.24倍、ドイツは1.07倍などとなっている。

 報告書は、技術貿易収支だけではなくほかの指標でも、日本は科学技術および基礎研究分野で世界最高水準だと評価し、そうした基礎的技術能力を基盤に企業競争力を確保していると指摘している。また、日本の競争力確保は、絶え間ない技術向上、長期的な研究開発投資、企業間の連携・協力、従業員中心の企業文化、利益より信頼を重視する倫理観、体系的で一貫性のある政策推進、商業・技術重視の風土などによるとものだと説明した。

 その上で、製造業が堅実ならば経済危機克服もよりスムーズになるとし、製造業基盤を確固としたものにする必要があると強調。そのためには長期的な製造業成長戦略の提示と、製造基盤技術の育成に向けた体系的な産業政策が必要だと助言した。チョン研究委員は「日本は製造業成長戦略をしっかり立て、後続措置もきちんと遂行する一貫性があるが、韓国はそうした戦略と一貫性に欠ける」と指摘した。

2009/01/28 13:51配信  Copyright 2009(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>