デビットカードが人気、発行枚数前年比37%増

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
デビットカードが人気、発行枚数前年比37%増
デビットカード(チェックカード)の発行枚数が大幅に増え、新しい決済手段として浮上している。

 韓国銀行が26日に明らかにしたところによると、昨年末時点のデビットカード発行枚数は2680万枚で、前年末に比べ37%急増した。昨年の1日平均利用額は338億ウォンで、前年に比べ58.6%の大幅増となった。

 これに対し、昨年のクレジットカード発行枚数は9246万枚で、前年比6.9%増にとどまった。1日平均利用額は2.8%増の1兆160億ウォンだった。

 デビットカードはクレジットカード加盟店でも決済が可能だが、決済口座の残高の範囲内でしか利用できないため、カードの使いすぎを防げる。当初は未成年者のほかカード審査に通らずクレジットカードを作れない人向けに発行されたカードだったが、後払いによる代金決済を好まない顧客からの発行申請が増えた。また、使用と決済の期間が1か月以上あるクレジットカードと違い、デビットカードは使用と同時に決済が行われるため、現金取引を好む顧客からも好評を得ている。

 こうした状況を受け、銀行業界はデビットカード市場戦略を強化している。国民銀行は、加盟店でデビットカードを利用した場合、利用金額の0.5%をポイントとして積み立て、映画館やコーヒーショップなどで割り引きを受けられるサービスを実施している。また今年300万人のカード新規会員誘致をめざすハナ銀行は、うち100万人をデビットカード会員と設定している。

 このほか、これまで銀行に比べマーケティングに消極的だったカード会社も対応戦略を打ち出している。最近、新韓カードとLGカードはグッドモーニング新韓証券と、サムスンカードはサムスン証券とそれぞれ提携し、キャッシュ・マネジメント・アカウント(CMA)デビットカードの発行を開始した。CMAデビットカードは銀行を通じてCMA口座から残額を引き出すことができるキャッシュカードとデビットカード両方の機能を備えている。



Copyright 2007(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.

2007/02/26 11:12配信 


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

ハ・ジョンウ、チュ・ジフンら韓国オールスターキャスト出演!  今まで誰も見たことがない冥界ファンタジー・アクション「神と共に 第一章:罪と罰」、「神と共に 第二章:因と縁」2019年11月6日[水]BD/DVDリリース!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

%>