やっぱりソン・ジュンギ!…「財閥家の末息子」が一気にドラマ話題性1位に

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
やっぱりソン・ジュンギ!…「財閥家の末息子」が一気にドラマ話題性1位に
やっぱりソン・ジュンギ!…「財閥家の末息子」が一気にドラマ話題性1位に(画像提供:wowkorea)

やっぱりソン・ジュンギ!…「財閥家の末息子」が一気にドラマ話題性1位に(画像提供:wowkorea)

韓国で放送中のJTBC金土日ドラマ「財閥家の末息子」が、放送初週にしてTV話題性ドラマ部門1位に挙がった。主演俳優ソン・ジュンギもやはり出演者話題性部門の第1位に挙がった。

K-コンテンツオンライン競争力分析機関GOODDATA Corp.が実施した11月3週目の調査で「財閥家の末息子」は、放送予定作が含まれた総21編のドラマ中、総話題性の31.7%の占有率を見せ1位を占めたことがわかった。主演のソン・ジュンギが出演者部門第1位の中でイ・ソンミンが第8位に挙がった。ネットユーザーはソン・ジュンギ、イ・ソンミン、子役俳優のキム・ガンフンの演技を中心に没入感ある展開だという肯定的な評価を見せている。

一方、先週1位のtvN「シュルプ」は前週対比での話題性が21.2%増加したにも関わらず一段階下がりながら2位を記録した。後を追ってSBS「チアアップ」がなんと62.0%増加し僅かな差で3位に挙がった。特にドラマの中でハン・ジヒョン(出演者話題性3位)、ペ・インヒョク(4位)のキスシーン場面が大きく話題となり、自己最高記録を打ち立てた。

4位から10位まではtvN「エージェントなお仕事」、SBS「消防署の隣の警察署」と放送予定作のtvN「還魂:光と影」、KBS2の「三姉弟が勇敢に」、「カーテンコール」、「台風の新婦」、そして放送予定作のENA「サマーストライク」の順で表れた。

ドラマ出演者話題性部門からは1位にソン・ジュンギ(「財閥家の末息子」)が挙がり、2位から10位まではキム・ヘス(「シュルプ」)、ハン・ジヒョン、ペ・インヒョク(「チアアップ」)、ムン・サンミン、ペ・インヒョク(「シュルプ」)、キム・ヒョンジン(「チアアップ」)、イ・ソンミン(「財閥家の末息子」)、キム・ヘスク、オ・イェジュ(「シュルプ」) の順だ。

K-コンテンツオンライン競争力分析専門機関のGOODDATA Corp.が11月21日に発表したGOODDATA TV話題性ドラマ順位は2022年11月 14日から2022年11月20日まで放送中であるか、予定のドラマ21編と出演者290人を対象にニュース記事、VON(ブログ/コミュニティ)、動画、SNSで発生した番組関連情報の数々とこれに対するネットユーザーの反応を分析した結果だ。
2022/11/22 09:48配信  Copyrights(C) Mydaily wowkorea.jp 76


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
15,840円
猟奇的な彼女 DVD-BOX...
15,840円
猟奇的な彼女 DVD-BOX...
9,460円
STAR FOCUS JAP...
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
おすすめ情報
SE7EN、 5年ぶり待望の最新作!移籍第一弾EP「RIDE」 11月9日(水)=誕生日にリリース決定!!

「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2023 AISE, INC., ALL Rights Reserved.
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。