≪韓国ドラマNOW≫「美男堂の事件手帳」4話、ソ・イングクが犯人の動きに凍り付く=視聴率5.7%、あらすじ・ネタバレ

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
≪韓国ドラマNOW≫「美男堂の事件手帳」4話、ソ・イングクが犯人の動きに凍り付く=視聴率5.7%、あらすじ・ネタバレ
≪韓国ドラマNOW≫「美男堂の事件手帳」4話、ソ・イングクが犯人の動きに凍り付く=視聴率5.7%、あらすじ・ネタバレ(画像提供:wowkorea)

≪韓国ドラマNOW≫「美男堂の事件手帳」4話、ソ・イングクが犯人の動きに凍り付く=視聴率5.7%、あらすじ・ネタバレ(画像提供:wowkorea)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

KBSドラマ「美男堂の事件手帳」4話(視聴率5.7%)は、ハンジュン(ソ・イングク)は連続殺人で息を締め付けてくるゴプリの動きに凍り付く様子が描かれた。

 ヘジュン(カン・ミナ)は幽霊を連想させる白装束でおびえるギョンホ(キム・ウォンシク)を気絶させ、スチョル(クァク・シヤン)は獣の面を裏返しに付けた状態でガードたちを思い切り叩き伏せた。ハンジュンは凶器を持って近づいてきたチェ秘書(オ・スボム)を制圧した。

 勢いに乗ったハンジュンとスチョルは過去に自分に証拠をねつ造した容疑の濡れ衣を着せたチョンギ(クォン・ヒョク)を問い詰めた。しかし令状を発付されたジェヒ(オ・ヨンソ)とドウォン(クォン・スヒョン)が現場に現れ、「美男堂」デュオは大げさな身振りと巧みな話術で慌ただしくその場をごまかした。

 おとなしく捕まったチョンギは準備しておいた船で安全な所に送ってやるというハンジュンに言われ、背後にいる勢力がイム総警だという事実を明かした。しかしイム総警は突然の死を迎え、他殺の痕跡が残っていたがショック死ということで捜査が打ち切られ、真の黒幕の正体は再び迷宮入りした。

 ジェヒは、ギョンホの内縁の妻の証言を確保し、ひき逃げ事件の被害者に力を貸すハンジュンの正義感あふれる姿を不審に思った。
2022/07/14 10:18配信  Copyrights(C)wowkorea.jp 5


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
15,840円
猟奇的な彼女 DVD-BOX...
15,840円
猟奇的な彼女 DVD-BOX...
9,460円
STAR FOCUS JAP...
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
おすすめ情報
SE7EN、 5年ぶり待望の最新作!移籍第一弾EP「RIDE」 11月9日(水)=誕生日にリリース決定!!

「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.