KBS新ドラマ「美男堂の事件手帳」現場スタッフら、初回放送日に制作会社や放送局を糾弾

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
KBS新ドラマ「美男堂の事件手帳」現場スタッフら、初回放送日に制作会社や放送局を糾弾
KBS新ドラマ「美男堂の事件手帳」現場スタッフら、初回放送日に制作会社や放送局を糾弾(画像提供:wowkorea)

KBS新ドラマ「美男堂の事件手帳」現場スタッフら、初回放送日に制作会社や放送局を糾弾(画像提供:wowkorea)

韓国KBSの新ドラマ「美男堂の事件手帳」(以下、「美男堂」)が初回放送を迎えた27日、ソウル市内にあるハンピッメディア労働人権センターで、放送糾弾記者会見が行われた。

 ハンピッメディア労働人権センターのチン・ジェヨン事務局長、KBS視聴者委員兼マスコミ改革市民連帯のクォン・スンテク氏、ドラマ「田園日記」、「コーヒープリンス1号店」などを担当したMBC前ドラマPDのイ・ウンギュPD、公益人権法財団弁護士のユン・ジヨン氏、全国映画産業労働組合のパク・チャンヒ氏、「美男堂」スタッフのA氏が出席。

 希望連帯本部放送スタッフ支部は、「美男堂」側がスタッフに労働基準法を遵守せず、不法制作を強行していると主張し、放送日程の再考を訴えていた。しかし「美男堂」側は予定通りに放送日を確定すると、記者会見などを通じて批判した。当時、「美男堂」側は「業務委託契約書に従って週52時間勤務を遵守しながら撮影を行なった」と釈明した。

 取材陣の前に立った解雇されたスタッフらは、ドラマの撮影現場で行われている不当雇用や法的問題に対して変化を求める声を上げた。ユン弁護士は「この全ての問題の根本は、ドラマスタッフを労働者として認めていないことだ。だから労働契約法を適用しなかった」と述べた。

 続けて「労働基準法の休憩時間がきちんと守られていない。法では1日8時間、週40時間の勤務が可能で、延長勤務は12時間のみ可能。問題は、弾力的労働時間制が適用されるには、契約書に規則が入ってなければならない。全てが労働基準法違反だ。ドラマスタッフに関して何年も前に雇用労働部(部は日本の省に相当)で大規模な監督をおこなった。昨年、裁判所で判決が出た。制作会社も労働者だということだ」と説明した。

 またユン弁護士は「法的な部分においては問題が多いが、慣行的な部分において他の労働契約書を作らないから乱発する。法的に見てみようとすると、争いの余地がない。契約期間は5月30日までで、合意のもとに延長できるとなっている。撮影が続けば、更新が期待される更新期待権があるにもかかわらず、スタッフの意思に反して解雇した」と伝えた。

 イPDは「人が死んではダメだ。絶対に譲ってはいけない。ドラマのシステムが週1回に変えるべきだ。韓国しかない。一週間に120分、1本の映画を作るなんてありえない。放送経営陣が決定する問題だ。マスコミ労働組合の方の健闘を祈る。放送局の横暴だ」と述べた。

 公営放送であるKBSに対する批判も出た。クォン事務局は「KBSは公営放送なだけに、公的責任で自由になりえない。労働関連の問題が起きている作品をそのまま放送するKBSに深く残念に感じている」と主張した。

 解雇されたスタッフのAさんは「『美男堂』以外にも労働基準法が守られていない例が多い。問題を提起された人たちをブラックリストに載せるという話も出ている。他のスタッフのためにもこの場が無意味にならないことを願う」と述べた。

 最後にチン事務局長は「視聴者に『美男堂』視聴拒否宣言をしようと提案する予定だ。多くの方にドラマを作る方も幸せになろうというメッセージと伝えようと思う。(「美男堂」が配信される)Netflix本社にも公文を送り、アメリカのスタッフも連帯の要請しようとしている。ドラマ現場の労働者がこれ以上、痛い思いをせず、死ぬことのないよう、関心と連帯をお願いしたい」と強調した。

 一方、27日に放送された「美男堂」第1話の視聴率は5.7%(全国基準/ニールセンコリア)を記録し、好調なスタートを切った。
2022/06/28 14:37配信  Copyrights(C)wowkorea.jp 5 最終更新:2022/06/28 16:54


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
15,840円
猟奇的な彼女 DVD-BOX...
15,840円
猟奇的な彼女 DVD-BOX...
9,460円
STAR FOCUS JAP...
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
おすすめ情報
「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』

オペラ「ザ・ラストクイーン朝鮮王朝最後の皇太子妃」待望のアンコール公演


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.