ミュージカル人気作曲家のフランク・ワイルドホーン、「BTS」Vにラブコール

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
ミュージカル人気作曲家のフランク・ワイルドホーン、「BTS」Vにラブコール
「『BTS』Vに『ジキル&ハイド』に出演してほしい」
ミュージカル「ジキル&ハイド」の作曲家として知られるフランク・ワイルドホーンが、グループ「BTS(防弾少年団)」メンバーV(ブイ)にラブコールを送った。

ワイルドホーンは最近、ソウル・カンナム(江南)区EMDミュージカルカンパニー社屋でのインタビューで、「『BTS』のVがコンサートが始まる前の音響テストの時に『今、この瞬間』(『ジキル&ハイド』の代表曲)を歌ったインスタグラムの映像がアメリカで話題だった。みんなが私に『Vをキャスティングしろ』というのだが、本当にそうなったらいいと思う」と明かした。

ワイルドホーンが「BTS」に言及した理由は、それだけ韓国文化の成長を体感しているからだ。彼が初めて韓国を訪問したのは2004年「ジキル&ハイド」の韓国初演当時だ。以降18年間、何度か韓国を訪問してはミュージカルを含む韓国文化の発展を見守ってきた。ワイルドホーンは「初めて韓国に来た時と今と最も変わったのは、韓国の文化コンテンツが世界的に注目されているということだ。韓国ミュージカルもものすごく成長した」と話した。

「18年前と比べると、韓国ミュージカルは創作とビジネス、二つの側面で本当にたくさん発展した。創作の面では、ミュージカルによく合う声を持つ俳優が多く、演出・振付・衣装・セットデザインを担当する制作陣も本当に洗練されている。ビジネス面でも変わった点があるとすれば、プロデューサーたちが以前のように海外のミュージカルを輸入するだけではなくなったという点だ。最近、韓国のプロデューサーたちは『私たちにもできる』という考えで、ミュージカルを輸出することにもチャレンジしている」

ワイルドホーンは韓国人が最も愛するミュージカル作曲家の一人だ。「ジキル&ハイド」をはじめ「モンテクリスト伯」「ルドルフ~ザ・ラスト・キス」などのミュージカルを通じて、起承転結がはっきりしていてセンチメンタルなメロディーの音楽を披露し、韓国でたくさん愛されてきた。ポップ歌手ホイットニー・ヒューストンのヒット曲「Where Do Broken Heart Go」の作曲家でもある。

彼の3年ぶりの韓国訪問には特別な理由がある。最近エンデミック転換期を迎えて活気を取り戻している韓国の公演界で、彼が参加した作品4編が相次いで公開されているからだ。地方ツアー中の「ジキル&ハイド」をはじめ、アンコール公演の「デスノート」(7月1日~8月14日/芸術の殿堂オペラハウス)、「マタ・ハリ」(8月15日まで/シャルロッテシアター)、「笑う男」(8月22日まで/世宗文化会館)などだ。ワイルドホーンは「一つの国で私の作品が同時に4編も公開されるのは今回が初めて。毎日私の作品を7000~8000人が見てくれるなんて、とてもすばらしく夢のようだ」と笑った。

特に「笑う男」は歌手パク・ヒョシンが4年ぶりに選んだミュージカル復帰作で、連日チケットが手に入らない状況だ。ワイルドホーンは「パク・ヒョシンは声の柔軟性や声質の美しさなどは断然ワールドクラス。今回は本人の人生経験がキャラクターに反映されたように、より深みのあるグウィンプレンを見せている」と話した。パク・ヒョシンと同じ役にキャスティングされているパク・ウンテ、パク・ガンヒョンについて「ますます成長してキャリアを積んでいる立派な俳優たち」と評した。

ワイルドホーンは韓国のミュージカルが海外市場でも成功するためには、韓国的でありながらも海外でも共感できるコンテンツを探さなければならないとアドバイスした。

「K-POPも、映画『パラサイト半地下の家族』も、韓国的でありながらも世界が共感できたから成功できたと思う。ミュージカルも同じだ。ちょうどパンデミック期間中に韓国的なテーマの時代劇をミュージカルにしようという提案を受けた。韓国の民族音楽、伝統音楽に関する研究を行っているが、次はこの作品で韓国で会いたい」
2022/06/26 16:39配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 113 最終更新:2022/06/26 17:25


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
15,840円
猟奇的な彼女 DVD-BOX...
15,840円
猟奇的な彼女 DVD-BOX...
9,460円
STAR FOCUS JAP...
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
おすすめ情報
SE7EN、 5年ぶり待望の最新作!移籍第一弾EP「RIDE」 11月9日(水)=誕生日にリリース決定!!

「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2023 AISE, INC., ALL Rights Reserved.
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。