ジョン・ヨンファ、ドラマ「テバク不動産」について「除隊して初の作品、プレッシャーは少なかった」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
ジョン・ヨンファ、ドラマ「テバク不動産」について「除隊して初の作品、プレッシャーは少なかった」
ジョン・ヨンファ、ドラマ「テバク不動産」について「除隊して初の作品、プレッシャーは少なかった」(画像提供:wowkorea)

ジョン・ヨンファ、ドラマ「テバク不動産」について「除隊して初の作品、プレッシャーは少なかった」(画像提供:wowkorea)

グループ 「CNBLUE」のメンバーで俳優のジョン・ヨンファ(31)が、除隊後に初めて出演した作品のプレッシャーについて語った。

 15日午前、ジョン・ヨンファが出演するKBS 2TVの新水木ドラマ「テバク不動産」(脚本:ハ・スジン、イ・ヨンファ、ジョン・ヨンソ、演出:パク・ジンソク)が最終回を迎えたことについて、インタビューが行われた。

 先日最終回を迎えた「テバク不動産」は、不動産仲介業者である退魔師(悪魔払いをする人)が、退魔専門の詐欺師と手を組み、廃屋となった物件で怨霊や地縛霊を退治し、数奇な事情を解決していく生活密着型の退魔ドラマだ。

 ジョン・ヨンファは幽霊を利用して金を稼ぐ退魔専門の詐欺師、オ・インボム役を演じた。彼はしらじらしい詐欺師の顔はもちろん、霊魂に憑依される霊媒で、アクション、怒り、号泣の演技など、熱演を繰り広げた。

 ドラマが最終回を迎えたジョン・ヨンファは、「軍隊を除隊して初めて出演した作品でもあり、今までロマンティックコメディーが多かったので、今回はまた違ったジャンルをやることになり、意味深かったし、嬉しかった。楽しめた。」と感想を述べた。

ジョン・ヨンファ、ドラマ「テバク不動産」について「除隊して初の作品、プレッシャーは少なかった」(画像提供:wowkorea)

ジョン・ヨンファ、ドラマ「テバク不動産」について「除隊して初の作品、プレッシャーは少なかった」(画像提供:wowkorea)

 また除隊して初の作品に同ドラマを選んだ理由については「軍隊にいる時も『除隊して作品をやるとしたらどんなものをやるべきか?』と悩んだ気がする。『オファーを受けた時に感じがよかったものをやろう』というのが一番大きかった。僕は音楽もそうだし、挑戦をしたくなるタイプ。台本をもらった時に、オカルトだし、新しいものという感じがした。憑依もされるし、コミックもできるし、アクションシーンもある。色々なことを経験できる台本だったので『これがぴったりだ』と思った。何よりもチャン・ナラさんがやると聞いて、さらに確信が湧いた。」と明かした。

 
ジョン・ヨンファ、ドラマ「テバク不動産」について「除隊して初の作品、プレッシャーは少なかった」(画像提供:wowkorea)

ジョン・ヨンファ、ドラマ「テバク不動産」について「除隊して初の作品、プレッシャーは少なかった」(画像提供:wowkorea)

除隊して初の作品というプレッシャーについては「除隊前よりプレッシャーは少なかった。(入隊前には)もっと欲が多かった。除隊して気楽になった後の作品なので、プレッシャーをあまり感じず、創意力がより発揮できた気がする。だから演技は思ったより上手くできたと思う。」とも語った。

 続いて「でも軍隊に行って、自分よりもっと若い子達と暮らしながら彼らの話を聞いて、プレッシャーがなくなった。除隊してもすべてに完璧であろうとしないようにと考え、除隊した。『テバク不動産』をやりながらカッコよく見せようと気を張らなかったし、自分が持っている部分を楽に出せた。台本に忠実に、自分の感情のまま表現ができたと思う。」と付け加えた。
2021/06/15 13:05配信  Copyrights(C) Mydaily wowkorea.jp 74 最終更新:2021/06/15 15:24


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.