≪韓国ドラマNOW≫「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」1話、パク・ボヨン、3か月の余命判定を受けるも「1週間も有給は使えない」=あらすじ・ネタバレ

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
≪韓国ドラマNOW≫「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」1話、パク・ボヨン、3か月の余命判定を受けるも「1週間も有給は使えない」=あらすじ・ネタバレ
≪韓国ドラマNOW≫「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」1話、パク・ボヨン、3か月の余命判定を受けるも「1週間も有給は使えない」=あらすじ・ネタバレ

≪韓国ドラマNOW≫「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」1話、パク・ボヨン、3か月の余命判定を受けるも「1週間も有給は使えない」=あらすじ・ネタバレ(画像提供:wowkorea)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

ドラマ「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」で、女優のパク・ボヨンが余命判定を受けた。

10日午後に韓国で放送されたケーブルチャンネルtvN月火ドラマ「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」(演出:クォン・ヨンイル/脚本:イム・メアリ)の1話では、医師(イ・スンジュン)から余命判定を受けるタク・ドンギョン(パク・ボヨン)の姿が描かれた。

この日、タク・ドンギョンは「詳しいことは組織検査をしてみなければ分からないが、どうも位置が良くない」と、膠芽腫(こうがしゅ)の診断を受けた。

しかしタク・ドンギョンが「組織検査をするのに少なくとも1週間ほどかかる」という医師の言葉に、「それではだめだ。私はできない。年次有給休暇を何日も使って1週間も休みが取れない」と反応した。

タク・ドンギョンは「今、休暇が問題ではないのでは?」という話にも、「分からない。1週間の休暇は取れない」と繰り返し答えた。

医師は「では検査しないことにしましょう。手術すれば1年生きて、しなければ3、4か月ほど生きる。組織検査自体も危険かもしれない」と伝えた。

タク・ドンギョンは「死ぬの?」と尋ね、うなずく医師に「そうなんだ」と淡々とした姿を見せた。
2021/05/10 22:27配信  Copyrights(C) Mydaily wowkorea.jp 95 最終更新:2021/05/11 09:04


※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
500円
Dr.VITAビタミンハンド...
2,900円
Dr.VITA-Eクリーム(...
2,900円
Dr.VITA-Bクリーム(...
2,900円
Dr.VITA-Aクリーム(...
9,460円
STAR FOCUS JAP...
6,500円
DIAMOND CAP No...
おすすめ情報
永遠の命を巡る壮絶な戦いを描く、SFエンターテインメント!「SEOBOK/ソボク」予告編&ポスター公開

コン・ユとパク・ボゴムどっちを選ぶ?映画「SEOBOK/ソボク」全3種類のムビチケ発売決定!

韓国でNO.1!大ヒットスタート!!  コン・ユ × パク・ボゴムが贈るSFエンターテインメント SEOBOK/ソボク公開決定・ティザービジュアル・予告編<第一弾>

真髄と夢のルーツを探るドキュメンタリー映画『ジェジュン:オン・ザ・ロード』 公開日が2021年7月2日(金)に決定!ポスタービジュアル&予告編映像も本日解禁!

キム・ヘス、ユ・アインら豪華キャストが共演!韓国ウォンが急下落した通貨危機の裏を描く衝撃作『国家が破産する日 』5月1日(土)から Huluで独占配信

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.