≪韓国ドラマNOW≫「ナビレラ -それでも蝶は舞う-」6話、ソン・ガン、キム・グォン暴行で足首の負傷...パク・インファン「私のせいだ」後悔=ネタバレ・あらすじ

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
≪韓国ドラマNOW≫「ナビレラ -それでも蝶は舞う-」6話、ソン・ガン、キム・グォン暴行で足首の負傷...パク・インファン「私のせいだ」後悔=ネタバレ・あらすじ
《韓国ドラマNOW》「ナビレラーそれでも蝶は舞うー」6話、ソン・ガン、キム・グォン暴行で足首の負傷...パク・インファン「私のせいだ」後悔=ネタバレ・あらすじ(画像提供:wowkorea)

《韓国ドラマNOW》「ナビレラーそれでも蝶は舞うー」6話、ソン・ガン、キム・グォン暴行で足首の負傷...パク・インファン「私のせいだ」後悔=ネタバレ・あらすじ(画像提供:wowkorea)

※ネタバレ・あらすじになる内容が含まれています。

6日午後に放送されたtvN月火ドラマ「ナビレラーそれでも蝶は舞うー」で、イ・チェロク(ソン・ガン)は、コンクール本選に進出したが、ヤン・ホボム(キム・グォン)の暴行により足首を負傷した。シム・ドクチュル(パク・インファン)は、自分のせいだと謝った。

ヤン・ホボムはイ・チェロクの前をふさいだ。非常階段でイ・チェロクを責め立てた。暴行されたイ・チェロクは、「やめろ。私たちが、なぜこうならないといけないんだ! 必要ない! 」と怒り、ヤン・ホボムの胸ぐらをつかんだ。続いて「私は頑張ってバレエを始めた。お前もまた始めろ」と話した。

しかし、ヤン・ホボムは「もういい」と叫びながら拳を振るった。結局イ・チェロクは階段の下に転がり落ち、足首の痛みを訴えた。イ・チェロクが足首をつかみながら起きられずにいると、ヤン・ホボムは困惑した。手を差し出した瞬間シム・ドクチュルが登場した。ヤン・ホボムは慌てて出て行った。シム・ドクチュルは「一体どうして負傷したのか。どうしたんだ」と心配した。

イ・チェロクは、病院の診断を受けた。医師は「膝は大丈夫だが足首が問題だ。じん帯が戻るまでギプスをしなければならない」と述べた。シム・ドクチュルは、「すぐにコンクール本選なのにどうするんだ」とため息をついた。この時、キ・スンジュ(キム・テフン)が現れ「誰がダンサーをこうさせたんだ。すぐに訴えろ」と怒った。

これに医師は「私は医師だが大きな問題はない。運良くヒビも入っていない。1週間ギプスをして経過を見守ってみよう」と言った。その後シム・ドクチュルは「私のせいだ。いっそ私がケガすればよかった。訳もなくその友達を刺激してしまった」と後悔する姿を見せた。
2021/04/06 22:35配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp 94 最終更新:2021/04/22 16:35


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.