「シングアゲイン」優勝イ・スンユン、「知ってるお兄さん」で「SJ」の「sorry, sorry」を披露…シンドン「僕のパートがない」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
「シングアゲイン」優勝イ・スンユン、「知ってるお兄さん」で「SJ」の「sorry, sorry」を披露…シンドン「僕のパートがない」
「知ってるお兄さん」で「シングアゲイン」のパロディ「ウッアゲイン」コーナーが展開された。(画像提供:wowkorea)

「知ってるお兄さん」で「シングアゲイン」のパロディ「ウッアゲイン」コーナーが展開された。(画像提供:wowkorea)

「シングアゲイン」で優勝したイ・スンユンが「sorry, sorry」を自分ならではのスタイルにアレンジした。

27日に放送されたJTBCバラエティ「知ってるお兄さん」では、イ・スンユンが「SUPER JUNIOR」の「sorry, sorry」をギターの弾き語りで歌う姿が描かれた。

この日は「シングアゲイン」のパロディ「ウッアゲイン」コーナーが展開された。バラエティ無名チームはカン・ホドン、イ・ムジン、イ・サンミン、あるないチームはソ・ジャンフン、ミン・ギョンフン、チョン・ホンイル、芸人チームはイ・スンユン、ヒチョル(SUPER JUNIOR)、歌手チームはイ・ソジョン、イ・スグン、キム・ヨンチョルがそれぞれチームを結成。129号カン・ホドンは2004年生まれだとし、「僕は力のあるエンターテイナーだ」と自分を紹介した。

164号イ・スグンは「身長が164なので164号。僕はカップンシンエンターテイナーだ」とし、「今129号が壊した変な雰囲気も生かすことができる」とお腹をあらわにし、ダンスを踊った。63号イ・ムジンは「僕は赤信号だ。僕の前に来たら、魂を失うという意味だ」と説明した後、イ・ムンセの「口笛」をカッコよく歌った。

その後、30号イ・スンユンが「僕は嫉妬するエンターテイナーだ。僕を見てお腹が痛くなるまで笑ってくれたらうれしい。2人ぐらいは笑うのではないか」と話した。そして、「SUPER JUNIOR」の「sorry, sorry」を自分なりのカラーで歌った。これにシンドンとヒチョルが驚いた。

しかし、イ・スンユンの歌が終わるや、シンドンは「僕のパートがない。タンタンタンタタ~。この部分がなかった」と話し、笑いを誘った。
2021/02/28 10:03配信  Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp 6


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.