≪韓国ドラマREVIEW≫「スタートアップ」16話あらすじと撮影秘話…ナム・ジュヒョクとペ・スジが名刺作りに挑戦2=撮影裏話・あらすじ

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
≪韓国ドラマREVIEW≫「スタートアップ」16話あらすじと撮影秘話…ナム・ジュヒョクとペ・スジが名刺作りに挑戦2=撮影裏話・あらすじ
≪韓国ドラマREVIEW≫「スタートアップ」16話あらすじと撮影秘話…ナム・ジュヒョクとペ・スジが名刺作りに挑戦2=撮影裏話・あらすじ(画像提供:wowkorea)

≪韓国ドラマREVIEW≫「スタートアップ」16話あらすじと撮影秘話…ナム・ジュヒョクとペ・スジが名刺作りに挑戦2=撮影裏話・あらすじ(画像提供:wowkorea)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

今日はドラマ「スタートアップ」の撮影裏話。今回もドラマの撮影現場を飛び出し、ナム・ジュヒョクとペ・スジが2人で名刺作りをするという動画の続きを紹介する。
果たして、個性的な名刺を作るのは誰か?

質問:ダルミとドサンの名場面と言えば?バスでのシーンか、家の前でのシーンか。

2人:バス! 家の前! 答えはバラバラに。

ナム・ジュヒョク:家の前って…シーン多かったような… 
驚いた表情をするペ・スジに、もごもごと話すナム・ジュヒョク。


質問:どちらがいい?サンドボックスの社員証か、サムサンテックの名刺。

ぺ・スジ:サンドボックス…

ナム・ジュヒョク:ッサムサンテック…
ペ・スジはケラケラ笑い、「ッサムサンテック、って何よ」と言う。

ナム・ジュヒョク:サンドボックスに変えようとしたら変になった(笑) もう終わりですか?終わり?

ペ・スジ:あ~私たち合わないね。

ナム・ジュヒョク:もう一回行きましょう。


質問:ホットドッグにつけるなら?ケチャップか、砂糖か。

2人:ケチャップ! 砂糖! 
また答えが合わず、ペ・スジは笑う。

ナム・ジュヒョク:わざと外してない?

ぺ・スジ:そんなわけないでしょ(笑)。私は合わせようとしたのよ~

ナム・ジュヒョク:これ、どう?
作った名刺に、花びらを散らすナム・ジュヒョク。

ペ・スジ:何?桜なの?

ナム・ジュヒョク:下に糊を塗っておいたんだ。そしたら落ちないだろ。
カメラに作品を見せるが、花びらはひらひらと落ちて、少しだけ残っている。それを見てペ・スジは笑う。

ぺ・スジ:私のはちゃんと作品になったわ。

ナム・ジュヒョク:上手いな… (花びらをふーっとふく) あ、ごめん。
花びらがぺ・スジの作品の上に飛んでいく。

ぺ・スジ:大丈夫、大丈夫。全然影響ないから。これ…小学校2年生の誕生日の招待状みたいじゃない?笑 私はこんな感じになりました。(カメラに見せる)きれいでしょ?シンプルに。 どう?上手いでしょ?(ナム・ジュヒョクに見せる) 比べてみようか。じゃあ説明してください(笑)。

ナム・ジュヒョク:うん。小学生の気持ちで作ってみました。ファンのみなさん、愛してます。ナム・ドサンより。

ぺ・スジ:でもサムサンテックの名刺は…彼のやつが印象に残るよね。私のは印象がうすそう。

ナム・ジュヒョク:そうかな?それも記憶に残りそうだけど。


質問:ドサンの名刺を代表名刺にしますか?

ペ・スジ:はい。

ナム・ジュヒョク:僕は自分のが選ばれないと思って作ったんですが…選ばれました。今後サムサンテックの名刺を渡すときは、これを…。

ペ・スジ:あ~、ナム・ドサンさんですね。ご連絡します。(名刺を投げる)(笑)。

ナム・ジュヒョク:受け取ってくれよ(笑)。スタートアップはあとラスト2話なんですが、最後までぜひ楽しんでください。

ペ・スジ:最後までご期待ください。 

撮影後に2人はもう一度一問一答に挑戦するも、やはり答えが合わず。
最後に2人で写真撮影をする。

後半でもやはり一問一答の答えがなかなか合わない2人だったが、楽しそうに名刺を作っていた。ナム・ジュヒョクはデザインセンスはあまりないようで、子供のような作品に。
ペ・スジはそれをいじりながら、2人は盛り上がっていた。ラストはハッピーエンドになるのか、ドラマの方も楽しみだ。


●韓国ネットユーザーの反応●

「青春ドラマがとても似合う2人だった! 」
「2人のケミが合っていて、リアルだった」
「2人ともかわいい」
「ナム・ジュヒョクは褒めてほしい感じがしてかわいかった」
「何回も見たくなるかわいさだった」



●あらすじ●

tvNの土日ドラマ「スタートアップ」では、愛も仕事も全て掴んだナム・ドサン(ナム・ジュヒョク)とソ・ダルミ(スジ)の姿が描かれた。

この日、ファン記者は記事を書くためにサンドボックスを訪問した。ペク・ドンチョン(キム・ミンソク)は、ファン記者の訪問をハン・ジピョン(キム・ソンホ)に知らせ、ハン・ジピョンは「付き合っていられない記者だ。スタートアップの欠点を掴む人じゃないか」と話した。

これにペク・ドンチョンは、「チョンミョンカンパニーの欠点を掴むことはないだろう?」と答えると、2人はすぐ「ランサムウェア」を思い浮かべた。やはり記者はランサムウェアに対する話を交わし、チョンミョンカンパニーの職員たちは「私たちが全部見つけて防いだ」と微笑み、ファン記者は「それではここで終わらせよう」と話した。

ソ・ダルミは偶然、ハン・ジピョンに会い、ハン・ジピョンはソ・ダルミに「僕は15年間手紙を受けたが、あなたを探さず、ナム・ドサンさんは手紙を見るやいなや、自発的にあなたを見つけた。訳もなく申し訳なく思う必要も、負担に思う必要もない」と話した。これにソ・ダルミは微笑んだ。

ユン・ソンハクはウォン・インジェから受け取った投資書を持ってハン・ジピョンを訪ね、拒絶するハン・ジピョンに「無条件にしなさい。他の投資者たちに奪われてはいけない」と釘を刺した。

結局、ハン・ジピョンはナム・ドサンに会って、「頼みがある。ユン代表がチョンミョンに投資したいと思っている」と慎重に話した。これにナム・ドサンは「その話をなぜここで言うのか。事務室でして」と答えた。すると、ハン・ジピョンは「あなたは僕の投資を受けるのを嫌がったじゃないか。今回も断ったことでわかった」と席から立ち上がった。

これにナム・ドサンは感情を除いて投資者として話して欲しいと頼み、ハン・ジピョンは「欲が出る」と答えた。すると、ナム・ドサンは「一緒に行きましょう。ソ代表と話をちゃんとしましょう」と微笑えんだ。

当惑したハン・ジピョンにナム・ドサンは「今度は敵船ではなく、きちんとした投資のようだ。感謝する」と言いながら握手を交わした。以降、ソ・ダルミとナム・ドサンは結婚して、一緒にチョンミョンカンパニーを運営した。
2021/02/08 16:17配信  Copyrights(C)wowkorea.jp 77 最終更新:2021/02/08 17:24

※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.