≪韓国ドラマREVIEW≫「サイコだけど大丈夫」13話あらすじと撮影秘話…写真撮影シーンの和気あいあいな舞台裏=撮影裏話・あらすじ

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
≪韓国ドラマREVIEW≫「サイコだけど大丈夫」13話あらすじと撮影秘話…写真撮影シーンの和気あいあいな舞台裏=撮影裏話・あらすじ
≪韓国ドラマREVIEW≫「サイコだけど大丈夫」13話あらすじと撮影秘話…写真撮影シーンの和気あいあいな舞台裏(画像提供:wowkorea)

≪韓国ドラマREVIEW≫「サイコだけど大丈夫」13話あらすじと撮影秘話…写真撮影シーンの和気あいあいな舞台裏(画像提供:wowkorea)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

今日はドラマ「サイコだけど大丈夫」の撮影裏話。まずは、夜の病院でガンテが廊下を歩くシーン。
「ガンテが1人で廊下にいたら、怖いじゃないですか」と言い、周囲のスタッフたちの笑いを誘うキム・スヒョン。スタッフが懐中電灯を渡すと、「あ! いいですね。心強い! 」と顔にライトを当てる。


次は、ガンテ、ムニョン、サンテの3人で記念写真を撮るシーン。
リハーサルでフラッシュがたかれ、驚くオ・ジョンセ。しかし、撮影が始まるとフラッシュがつかない。
休憩時間には、キム・スヒョンがカメラ側に立ちイメージを膨らませている。キム・スヒョンは面白いポーズをとってスタッフたちを笑わせる。
キム・スヒョン1人のシーンの撮影中、そばで見ていたソ・イェジとオ・ジョンセは声を殺して笑う。

ソ・イェジは撮れた写真をチェックし、「少し笑うといい感じね」と言う。休憩時間にはスタッフに頼んで自分の携帯で写真を撮ってもらうキム・スヒョン。
続いて、笑顔の家族写真を撮ると言われ、「どれくらい笑う?」とキム・スヒョンは2人に尋ね確認する。
ガンテとムニョン2人の写真を撮影する際には、「ポケットに手を入れようか?」とソ・イェジと話すキム・スヒョン。「にっこり笑うバージョンにしよっか」とソ・イェジに言われ、2人は笑顔で写真に写る。
「この状態で向かい合って撮ってみましょうか」とキム・スヒョンは自ら提案。ソ・イェジと向かい合ってみるが、「言うんじゃなかったな」と急に照れてしまう。
次はガンテとサンテが2人で写真に写り、笑顔満開。
その後キム・スヒョンは1人で撮影し、すべての写真撮影シーンは終了。


そして、図書館でのムニョンとガンテ、サンテ、スンジェのシーン。
リハーサルでスンジェが悲鳴を上げると、「死にたいの?…言葉にしていいかな?」とソ・イェジ。周囲は台本を手に笑う。
「もう二度とその服着ないで! 」とソ・イェジが言うと、「何だよ、大きな声出して」とキム・スヒョン。「おい! 着るなと言ったら着るな! 」ソ・イェジが腹式呼吸で大声を出す。
キム・スヒョンは笑いながら「俺そんなに悪いことした?」と笑う。

今回は家族写真を撮影するシーンがたくさん登場した。ドラマの中では少し登場するだけだが、撮影にはかなり手間と時間がかかっていたことがわかる。
キム・スヒョンはやはり間でふざけながら、周囲を明るく笑わせていて、ソ・イェジも無邪気な笑顔を見せていた。


●韓国ネットユーザーの反応●

「キム・スヒョンはテンション高いけど、ガンテと全然違う」
「キャストたちの素と演技の切り替えがすごい! 」
「恥ずかしがってるところがかわいい! 」
「キスシーンのメイキングはいつ見られるの?」
「キム・スヒョンがムードメーカーになってるね」


●あらすじ●

tvNの土日ドラマ「サイコだけど大丈夫」ではムニョン(ソ・イェジ)が、全ての事実を知って衝撃を受け、彼女の母親がパク・ヘンジャ(チャン・ヨンナム)だという事実が明らかになった。

この日、ガンテ(キム・スヒョン)は自身の母親を殺害した人物がムニョンの母親だという事実を知り、衝撃に陥った。ガンテはこの事実をムニョンが知らなかったら良いと話し、オ・ジワン(キム・チャンワン)の前で嗚咽した。翌日、サンテ(オ・ジョンセ)、ムニョンと家族写真の撮影に行くことを約束していたが、行かなかった。

しかし、ガンテはムニョンが残した「あなたがくれたマンテのおかげで、私は悪夢を見ない。あなた、お兄さん、マンテ。私にこんな家族が出来てとても嬉しい」と残したメモを読んで心を変え、撮影現場に現れた。ムニョンとサンテはガンテを見て幸せそうにしており、ガンテも「まだ遅くないでしょ?」と微笑えんだ。

サンテはスーツを着たガンテを見て、「すごくかっこいい」と言い、ムニョンは「来なかったら合成しようとしたのに」と話して喜びを隠せず、3人は楽しく家族写真を撮った。

写真を撮った後、3人は美術図書館に向かった。そこでスンジェ(パク・ジンジュ)に会い、スンジェはスーツを着たガンテを見て格好いいと感嘆した。これにムニョンはガンテに「あなた、もうスーツ着ないで。看護服がより良く似合う」と嫉妬した。

スンジェはサンテに自分の意見を話して、サンテは遠慮すると拒絶した。断固としたこの姿にスンジェは「かっこいい」と独り言を言った。

ムニョンはガンテに「あなたが春の日の晴れだと。あなたは絶対に中を見せてくれなくて、1人でくよくよする子だと。あなたが一体何のせいで腹を立てたのか聞いてみようと思って呼んだ。弾丸のように飛んできたなあ。もっと知ろうとしないでって。そして閉じることにした。もう一つも気にならない」と淡々と話した。

これにガンテは「僕は誰かを守り保護することに疲れた。そうやって生まれて無理にすることだった。もうそれではなく、これからは僕の目標として見ようと。家族を命がけで守ることはとても素敵なようだ。誰でも触れれば、絶対にただではおかない。奪われたら見つけるまで追う。僕が守り抜く。必ず」と答えた。

すると、ムニョンは「その家族に私もいるの?」と聞き、ガンテはムニョンの手を握って「家族写真を撮ったら、家族でしょ」と微笑えんだ。ムニョンもやはり目頭を熱くしながら笑みを浮かべた。家に帰ってきたムニョンは家族写真をかける所を説明し、「ついでにリモデリングしようか。男2人の部屋も狭くて…あなたは私と併合して」と話した。

これにガンテはムニョンに「僕が他の所に行って暮らそうと言えば行く?行くだろう」と聞き、ムニョンは「お兄さんがまた蝶の夢を見る時になったのか。心配しないで。私がぱっと蝶を捕まえてあげる」と答えた。すると、ガンテはムニョンを抱き締めて、「そんなんじゃない。もし、蝶が現れても絶対に殺さないで。君はそうしなければならない。僕がまた、怖気づいて逃げられるじゃないか」と、淡々と話した。

ムニョンは「私がぱっとついて行って脚を折らなきゃ」と言い、ガンテは「逃げないよ」と答えた。これにコ・ムニョンは約束の印を押し、ガンテに唇を重ねた。

以後、病院に出勤したガンテはオ・ジワンにサンテが受け取ったメッセージを見せてあげた。さらに、「誰かが渡した可能性もある」と話した。これにジワンは「病院で起こる変な感じがこれのせいか。病院の人たちを誰も信じないで。僕も。当分の間、お兄さんをよく見て」と答えた。

これにガンテはサンテに見知らぬ人に気をつけてと話したところ、ムニョンにも連絡して「扉をちゃんと閉めたか。むやみにドアを開けてあげないで」と心配し、ムニョンは「心配してくれることがとても嬉しい」と、幸せに感じた。

一方、デファン(イ・オル)は状態が悪化し、ヘンジャはこの事実をガンテに知らせた。これにガンテはコ・ムニョンにコ・デファンの状態を伝え、ムニョンは「知っている。院長から聞いた。なぜ皆は死ぬ時に免罪符を受けようとするんだ」と文句を言った。

「君は辛くない自信があるのか。王様の耳はロバの耳。言葉を打ち明けて臆病が出ないとこれからお父さんに話す機会がない」と話した。これにムニョンは「言うべき言葉も後悔する言葉もない」と断言した。

ムニョンは考えに浸り、ジュリに連絡して「王様の耳はロバの耳…これを言おうと呼んだ。もし私の父の下で君が生きて、私があなたのお母さんの下で生きていたら、ちょっと変わったのだろうか」と聞き、ジュリは「君はもう死んだ。礼儀がなくて」と答え、ムニョンが大きく笑った。

ムニョンは「私はお母さんがとても怖かった。みんな私のそばに来なかったが、その子だけ私を訪ねて来た。その子と逃げようと思ったが、母が遮った。お父さんは私が母のやり方で育てられている時、たった一度童話の本を読んでくれた。ところで私はそのたった一度の記憶が消せない」と本音を打ち明けた。

その時刻、ヘンジャはデファンを尋ねた。デファンはそんなヘンジャに「私があまりにも大きな罪を犯した。ところが、許しを求める人がない」と述べ、ヘンジャがデファンの手を握った。これにデファンは「私が妻を殺した。あの女は人を殺しておきながら鼻歌を歌った」と、過去を回想した。

過去のデファンは殺人事件のニュースに接し、何か変な感じがしてムニョンの母親に「新しく見つけたおばさん、今日は何故来ないのか。君が殺したのか」と尋ねた。これにムニョンの母親は「そうなぜ生意気に振る舞うの。心配しないで。誰も知らない」と笑い、デファンは「私の娘が君に似て怪物になりかねない」と言った。2階の手すりからコ・ムニョンの母親を落として、死んだ母親を貯水池に捨てた。

デファンは「私があの女を殺した時に…ムニョンがその全てを見た。幼い子が全て見てしまった。ムニョンは全て知っている」と涙を流した。その時、そこを通りかかったガンテがこの内容を聞き、ガンテは「だからムニョンも殺すつもりだったのか」と尋ねた。これにデファンは「ムニョンも母親のように怪物になるんじゃないか。怖くてそうした。あの子には罪がない。私が罪人だ」と答えた。

デファンの病室から出たヘンジャはガンテに「あんなことを経験しながらもコ先生はよく大きくなったね」と話した。翌日、デファンは息を引き取った。ムニョンはガンテ、サンテと共に父親を送って家に帰ってきた。

家に来たムニョンはガンテに「私、この家を売ろうか、何でも新しく始めたい。この家を売って、イ代表の出版社を作ってあげて、残りのお金でキャンピングカーを買って。目的地なしで遊びに行こう」と話した。これにガンテは「お金を使うついでに君が僕を食べさせて」と話した。

すると、ムニョンは「ヒモ男のコスプレだ。本当にあなたが望むことを言ってみて」と聞き、ガンテは「学校に通いたい」と答えた。さらに、ムニョンに「君は何で童話作家になったの」と尋ねた。

ムニョンは「童話の世界をよく知っているから。私は父が作ってくれたこの城で、本当にお姫様だった。もともとお姫様たちの人生はみんな大変だ。エンディングだけ好き」と苦々しく語った。すると、ガンテは「エンディングが良ければ全て良いんだ」と慰めた。

翌日、3人は病院に出勤した。患者たちがサンテを歓迎しながら、「ついに扉を見つけたね」と、絵の完成を祝った。絵を見たサンテは蝶の模様を見て「あれは僕が描いたのじゃないのに。あれはお母さんを殺したおばさんの蝶だ。あの蝶がどうしてあそこにあるのか。あの蝶がお母さんを殺したのに」と言い、不安がった。

サンテの言葉に衝撃を受けたムニョンは自身の母親を思い出して、ガンテに「どうか違うと言って」と慌てて席を離れた。絵を描いた人物は他ならぬヘンジャで、ムニョンの母親だった。
2020/12/28 15:42配信  Copyrights(C)wowkorea.jp 77 最終更新:2021/01/06 16:59

※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
500円
Dr.VITAビタミンハンド...
2,900円
Dr.VITA-Eクリーム(...
2,900円
Dr.VITA-Bクリーム(...
2,900円
Dr.VITA-Aクリーム(...
9,460円
STAR FOCUS JAP...
6,500円
DIAMOND CAP No...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.