「M.I.B」出身Young Cream、大麻吸引容疑で不起訴処分「深く反省している」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
「M.I.B」出身Young Cream、大麻吸引容疑で不起訴処分「深く反省している」
「M.I.B」出身Young Cream、大麻吸引容疑で不起訴処分「深く反省している」

「M.I.B」出身Young Cream、大麻吸引容疑で不起訴処分「深く反省している」(画像提供:wowkorea)

大麻吸引容疑で取り調べを受けていた韓国ラッパーのYoung Cream(元M.I.B)が最終的に不起訴処分となった。

 去る5月、大麻吸引(麻薬類管理に関する法律違反)で物議を醸していたYoung Creamは検察の取り調べの結果、麻薬類管理に関する法律違反容疑については犯罪の前歴がなく、初犯であることなどを考慮し、不起訴処分となった。

 事件報道当時、特に立場を発表していなかったYoung Creamは騒動から6か月ぶりの去る6日、あるメディアとのインタビューを通じて「大麻騒動に関して反省中で、良くないことで大衆の方々を失望させたことに対して申し訳ない」との立場を伝えた。

 Young Creamは6か月ぶりに該当事件についての心境を告白した理由について「事件当時、パニック障害や躁病がとてもひどく、入院することになった。それで謝罪や立場を明かせない状況だった」と説明。

続けてYoung Creamは当時、大麻を吸引することになった理由を「M.I.B活動当時、パニック障害と躁病と診断された。医師から薬物治療を勧められたが、当時は人を信じられない状況だったため、これを拒絶して1人で乗り越えたかった。好転したと思っていたが、新型コロナウイルスで運営中のPlaymusic Groundの経営が厳しくなり、病が再発した。パニック障害と躁病が再発した状況で、ある居酒屋で出会った外国人から大麻を勧められた。当時、判断力が鈍った状態で大麻を吸引することになった」と説明した。

 またYoung Creamは「大麻によって症状が良くなると思ったが、さらにひどくなった」と述べた。さらに女性を尾行したとの報道について「悪意を持ってついていったのではない。当時、パニック障害がひどくなった状態で、そのままでは死にそうだった。駐車場を出ようと出口を探そうとしたが、容易ではなかった。助けを求めようと近づいたが女性たちが私の状態がとても不安定に見えたため誤解したようだ。その部分については事件後、私の代わりに母がその方々と電話で話して誤解を解いた状態」と述べた。

 最後にYoung Creamは「自分は有名人ではないが、とにかく芸能人として大麻吸引で法を破ったことに対して申し訳ない気持ちがとても大きい。反省している」とし、「まだ病状が完治したわけではないが、地道に治療を受ける予定」と伝えた。

 一方、Young Creamは2011年、「M.I.B」のメンバーとして歌謡界にデビュー。「M.I.B」が解散した後、Young Creamソロで活動。現在は自身の所属事務所であるPlaymusic Groundを運営している。
2020/11/10 11:43配信  Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp 最終更新:2020/11/10 14:03


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1
22,680円
師任堂(サイムダン)、色の日...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.