≪韓国ドラマNOW≫「花様年華-人生が花になる瞬間」7話、ユ・ジテとキム・ヨンフンが対面…「イ・ボヨンを連れて行く」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
≪韓国ドラマNOW≫「花様年華-人生が花になる瞬間」7話、ユ・ジテとキム・ヨンフンが対面…「イ・ボヨンを連れて行く」
≪韓国ドラマNOW≫「花様年華-人生が花になる瞬間」7話、ユ・ジテとキム・ヨンフンが対面…「イ・ボヨンを連れて行く」

「花様年華-人生が花になる瞬間」7話、ユ・ジテとキム・ヨンフンが対面…「イ・ボヨンを連れて行く」(提供:OSEN)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

 ユ・ジテとキム・ヨンフンが対面した。

16日に放送されたtvN土日ドラマ「花様年華-人生が花になる瞬間」ではユン・ジス(イ・ボヨン)を連れていくと宣戦布告するハン・ジェヒョン(ユ・ジテ)の姿が描かれた。

この日、ユン・ジスはイ・セフン(キム・ヨンフン)に「なぜ養育権とハン・ジェヒョンという男がどうしてひとつの秤に置かれたのだろうか。25年前にお父さんがしてくれた話がある。機会費用について…1つを選択すると、他の1つを放棄しなければならないと。一番やりたいことを選択するか。一番恐ろしいものを避けるのか」

さらに、「私は一番恐ろしいものを避けることにした。その時も今も私が一番怖いのはその人が私のせいで壊れることだ。私が選択したことが正解であろうがなかろうが。私はあなたの元に帰るよ」と言った。これにイ・セフンは「地獄に引きずられる事でもないのに、そんな悲しい顔あまりだね。あなたも変わっただろうが、私も変わった。結婚はどうしたらいいだろうか。時間をあげるから整理することがあればしなさい。特に古い縁のようなもの」と答えた。

その時刻、ハン・ジェヒョンは検察庁に向かい、チュ・ヨンウ(イ・テソン)と話した言葉を思い出した。チュ・ヨンウはハン・ジェヒョンに「なぜジスに会ったのか。夫のイ・セフンが不倫を疑っている」と伝えた。

調査を終えたハン・ジェヒョンは家へ帰ると、チャン・ソギョン(パク・シヨン)は「どうなったのか」と聞き、ハン・ジェヒョンは「うまくいった」と答えた。さらにチャン・ソギョンは「他のことはないか」とユン・ジスについて聞いた。これにハン・ジェヒョンは「養育権返還訴訟の準備中…これぐらい」と話し、チャン・ソギョンは満足するように席を立った。

翌日、ユン・ジスはイ・ドンジン(ミン・ソンウク)に会った。イ・ドンジンは「自分が養育権訴訟を担当してあげる。離婚も宝くじも作ってあげることができる」と話した。これにユン・ジスは「私は訴訟しない。気持ちには感謝している。訴訟を取り下げることにした」と淡々と話した。

これにイ・ドンジンはハン・ジェヒョンにこの事実を伝え、ハン・ジェヒョンは秘書カン・ジュンウ(カン・ヨンソク)に「イ・セフンの弁護士をフォローしなければならない」「どこで何をするのか、一つも逃すな」と指示した。

店に出たユン・ジスは過去を回想した。過去の自身の父ユン・ヒョング(チャン・グァン)が捕らわれてきたハン・ジェヒョンにユン・ジスを諦めよと脅迫したこと。ハン・ジェヒョンは以後、学生運動さえ放棄した。

ユン・ジスは父の強要で留学に行くことになった。全てを諦めたハン・ジェヒョンは母ソン・スクに「学校も行けない。ジスを思い出して」と話した後、ユン・ジスを思い浮かべて涙を流し、その後ユン・ジスが留学に行くという話に空港に駆けつけた。結局、ユン・ジスは留学に行かず、ハン・ジェヒョンと共にカンチョン(江村)に留まった。

ハン・ジェヒョンは秘書から「イ・セフンが息子を連れ回って、留守番している。合わせようとしているようだ」と伝え、まっすぐユン・ジスを訪れた。ハン・ジェヒョンは「前夫の方から養育権返還訴訟を取り下げたと言ったのに、そちらで放棄したのか」と尋ねた。

これにユン・ジスは「違う。よりを戻すことにした」と答えた。驚いたハン・ジェヒョンは「何故そんな選択をするのか」と声を大きくした。するとユン・ジスは「守りたいからです」と話した。ユン・ジスの言葉にハン・ジェヒョンは「ヨンミンの為か」と聞き、ユン・ジスは「お父さんが必要な年齢じゃないですか」と言い、自分の気持ちを隠した。

一方、チャン・ソギョンはイ・セフンに会って「何か感じがよくない」と不安を明かし、イ・セフンは「そんなことないだろう。守るものがあって返事を変えるのは難しいだろう」と話した。これにチャン・ソギョンは「私はちょっと怖いね。あなたが言う愛。他の男のために自分を犠牲にするという女と再び暮らすことが出来るでしょう」と話した。

すると、イ・セフンは「あなたは私の気持ちがわかると思いましたが」と答え、ハン・ジェヒョンは2人が会う姿、チャン・ソギョンがメモリーチップを抜いて行った姿などを秘書カン・ジュンウから全て聞いた。さらに、ユン・ジスが「守りたくて」と言った言葉をずっと思い出しながら守りたいのが自分だということを知った。

ユン・ジスはイ・セフンと復縁する前にハン・ジェヒョンから貰った自転車とギターをフリーマーケットに出し、過去にハン・ジェヒョンと共にしたカンチョンに向かった。その時、ハン・ジェヒョンが電話を掛けて会おうと言ったが、ユン・ジスは遠くに来ていると断ったその瞬間、カンチョンという音声案内が聞こえてきた。

ハン・ジェヒョンはユン・ジスがカンチョンに行っているという事実を知った。ユン・ジスはハン・ジェヒョンと共に残した落書きを見ながら再び過去の物思いにふけった。その時、ハン・ジェヒョンが「ジス」と言い、現れた。ハン・ジェヒョンは「また見つけた」と微笑み、ユン・ジスは「よく来た」「私たちが終わりを出せず残念がっているようだ。完璧なグッバイをしよう」と話した。

すると、ハン・ジェヒョンは「守りたい。申し訳なさの為でもなく、希望の為でもなくて守りたい」と涙を浮かべた。しかし、ユン・ジスは近づいてくるソウル行きの汽車に乗って去った。

以降、ハン・ジェヒョンはイ・セフンを訪ね、「私も知らないうちに私を人質に取っていたようですが。動画を広めなさい。不倫を犯した母親から子供を連れて行きなさい。子供を失ったジスは私が連れて行きます」と話した。
2020/05/16 23:36配信  Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp 最終更新:2020/05/17 18:16


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1
22,680円
師任堂(サイムダン)、色の日...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.