「Golden Child」、少年から男へと…タイトル曲「WANNABE」でWannabeを夢見る

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
「Golden Child」、少年から男へと…タイトル曲「WANNABE」でWannabeを夢見る
「Golden Child」、少年から男へと…タイトル曲「WANNABE」でWannabeを夢見る(提供:OSEN)

「Golden Child」、少年から男へと…タイトル曲「WANNABE」でWannabeを夢見る(提供:OSEN)

Golden Child」が約1年ぶりのアルバム「Re-boot」で新しい一面を見せている。

「Golden Child」は18日午後6時、各種オンライン音源サイトを通して初の正規アルバム「Re-boot」を発表した。

「Re-boot」は、昨年10月のミニサードアルバム「WISH」の発表後、約1年ぶりにリリースされるニューアルバムとなる。「システムを再起動して、起動時の状態に戻る」という意味にふさわしく、新しい試みと変化を予告して音楽の幅を広げていくための抱負を込めたものになっている。

特に今回のアルバムでは爽やかな少年のイメージを脱し、成熟してセクシーな男に「Re-boot」した。タイトル曲「WANNABE」は静かに始まるがサビに行くほど感情的になり、激しい音楽構成が際立つ曲だ。完璧な“君”になるために、誰かをものにして完璧になりたいと思うが、最終的には自分が自分のWANNABEになりたいという「Golden Child」の内面にある自己を表現した曲だ。

また、メンバーのチャンジュンとTAGは「WANNABE」をはじめ、「Lately」、「羅針盤」、「No Matter What」、「そうして春」、「She's My Girl」の作詞に参加して才能を証明した。

ミュージックビデオでも、「Golden Child」の成長が目立つ。メンバーは神秘的な雰囲気のスタジオで一糸乱れぬ群舞を繰り広げ、強烈さと夢幻の美を同時に見せている。何よりも「Golden Child」のビジュアルが圧倒的である。

タイトル曲以外にも、切なさと愉快な感性を表現した「Lately」、夢を追いかける全ての人々の心を癒してくれる曲「羅針盤」、成長の話を盛り込んだユニット曲「No Matter What」、聴く人を温かく癒すジュチャンのソロ曲「問題児」、「Golden Child」の最初のシーズンソング「そうして春」、少年の情熱を込めた告白ソング「She's My Girl」、純粋な愛情を込めたユニット曲「2人だけの天国」、爽やかなシンセサウンドが印象的なYのソロ曲「Fantasia」、届くようで届かない心を歌った「逃げないで」、常に変わらず一緒にいようという少年たちの誓いと心が込められたユニット曲「離さないことして」まで全12曲が収録された。

「Golden Child」は音源公開直後の18日午後8時、ソウルにあるYES24ライブホールで発売記念のファンショーケースを開催する。今回のショーケースは、「Golden Child」のカムバック後の初の公式行事でタイトル曲「WANNABE」をはじめとする新曲の舞台をファンに初披露する予定である。
2019/11/18 20:35配信  Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp 最終更新:2019/11/19 09:28


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
2,050円
MIC Drop 3D ch...
2,050円
MIC Drop 3D ch...
2,050円
MIC Drop 3D ch...
2,050円
MIC Drop 3D ch...
2,050円
MIC Drop 3D ch...
2,050円
MIC Drop 3D ch...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.