故・チャン・ジャヨン事件目撃者ユン・ジオ、悪質なネットユーザーに法的対応を予告

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
故・チャン・ジャヨン事件目撃者ユン・ジオ、悪質なネットユーザーに法的対応を予告
故・チャン・ジャヨン事件の目撃者ユン・ジオが悪質なネットユーザーに善処なしの法的対応を予告した。(提供:OSEN)

故・チャン・ジャヨン事件の目撃者ユン・ジオが悪質なネットユーザーに善処なしの法的対応を予告した。(提供:OSEN)

故・チャン・ジャヨン事件の目撃者ユン・ジオが悪質なネットユーザーに善処なしの法的対応を予告した。

 ユン・ジオは24日、自身のInstagramに悪質な書き込みのキャプチャー写真と共に、「自ら平静心を保とう努力しています。ろくに知りもせず、やたらああだこうだと話す方がとても多いので、我慢し、我慢しましたが、話そうと思います」と長文の文章を掲載した。

 写真の書き込みには、インターネットライブ放送と私設警護などの内容が記載され、ユン・ジオは2つについて、順番に説明した。まず、彼女は「私設警護業者は、母が夜も昼も、寝ることができず、パンパン腫れた目を見ることが、娘としてあまりにも苦痛でした。国でしてくれることは力不足だと判断し、母の私費で警護業者に一部の金額を完納しました。一体どんな素晴らしい想像力で、私の母と私を侮辱するのか分かりません」とし、「費用は私の想像以上ですが、命には代えられず、本人の命を引き換えに、私を昼夜警護してくださる方々には、いかなる金額でも足りないでしょう」と述べた。

 続いて、生存申告放送については、生存申告と合法的な後援などの理由で、アフリカTVを選択したと明かし、「私は2000時間以上、この3年間、放送をしてきました。公に放送で私の姿が明かされても、私がライブストリーマーだったことも分からないほど、扇情的でも、多くの視聴者を保有できないインターネット放送でした。海外で放送をした1年間は、私がどの国にいるかさえ明かさず、名前、年齢、住所の全てを明かしませんでした」と説明した。

 ユン・ジオは継続的な悪質な書き込みに対し、最終的に法的対応を宣言した。彼女は「侮辱的な書き込みには耐えられないので、これからは悪意的で侮辱的なコメントやDM、チャットウィンドウに記載されている全てのことは、法的に処理するつもりであり、合意や善処はありません」と強調した。

 また、「脳をアクセサリー化させた複数の方の悪質な全てのことは、刑事処罰するものであり、このような状況をインターネットで見た場合、キャプチャーして私に送ってくださるようお願い致します。見えないオンラインは仮面をかぶって暴力を振るう空間ではありません。本人の人格がそのまま入ってくる場所であり、言葉で加える無礼で暴力的な言語は習慣であり、今後、人格障害まで起こるかもしれません」と警告した。

 最後に、彼女は「私が望むのは真実究明、故人の名誉回復、訂正報道と扇情的で刺激的な報道をしたメディアの公式謝罪、目撃者、被害者証言者の身辺保護と施設、後援金を受けることすらできない、暗たんたる現実の対策準備」と訴えた。
2019/03/24 16:06配信  Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.