≪韓国ドラマNOW≫「ロマンスは別冊付録」16話(最終回)、イ・ジョンソクがウィ・ハジュンに秘密を伝える=あらすじ・ネタバレ

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
≪韓国ドラマNOW≫「ロマンスは別冊付録」16話(最終回)、イ・ジョンソクがウィ・ハジュンに秘密を伝える=あらすじ・ネタバレ
≪韓国ドラマNOW≫「ロマンスは別冊付録」16話(最終回)、イ・ジョンソクがウィ・ハジュンに秘密を伝える=あらすじ・ネタバレ(画像提供:wowkorea)

≪韓国ドラマNOW≫「ロマンスは別冊付録」16話(最終回)、イ・ジョンソクがウィ・ハジュンに秘密を伝える=あらすじ・ネタバレ(画像提供:wowkorea)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

tvNドラマ「ロマンスは別冊付録」16話では、ソジュン(ウィ・ハジュン)に会って作家のビョンジュン(イ・ホジェ)の秘密を伝えるウノ(イ・ジョンソク)の様子が描かれた。

 ウノはソジュンに「英雄たち」の原稿を渡した。続けてビョンジュンのファンだと主張するソジュンに「単純にファンだからと長編小説は書けない。ずっと気になっていた。なぜ4月23日がタイトルなのか。日記に書かれた息子とは誰なのか」と言った。

 続けて「先生が書いた日記がある。4月23日はソジュンさんの誕生日でしょ?ここに全ての真実が書かれている。確認してみろ」と言ってビョンジュンの日記をソジュンに渡した。父親が認知症だと知ったソジュンは「僕を捜さないんじゃなくて、覚えていなかったのか」と涙を見せた。

 ソジュンは、ウノのおかげでビョンジュンの最後を見守ることができた。ソジュンは「証明したかった。父さんが僕の存在を知った後も僕を捜さないのが、息子の僕を認めたくないからだと思っていた。だから『英雄たち』を書いて認められたかった。あなたが僕を認めなくても、僕は作家の血を引いたあなたの息子だと。僕にはこれを書くことが、父さんを呼ぶ唯一の方法だった」と明かした。

 ウノは「結局こうなったじゃないか。これを書いていなかったら先生の最後を見守れなかっただろう」と慰めた。

 一方、ウノは会社の人たちの前でダニ(イ・ナヨン)との恋愛を公開した。
2019/03/17 17:42配信  Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp 5 最終更新:2021/03/16 17:43

※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.