コン・ユ、台湾で記者会見「次回作は悪役に挑戦してみたい」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
コン・ユ、台湾で記者会見「次回作は悪役に挑戦してみたい」
コン・ユ、台湾で記者会見「次回作は悪役に挑戦してみたい」

俳優コン・ユが28日、台湾でファンミーティングに先駆け、現地の報道陣と会い、記者会見を行った。(提供:OSEN)

俳優コン・ユが次回作では、悪役に挑戦してみたいと明かした。

 1月に終了したtvNドラマ「鬼<トッケビ>」で国内を超え、アジアで大きな人気を集め、シンドロームを巻き起こしたコン・ユが、海外でファンミーティングを開催した。ファンミーティングの最初の都市として台湾を選択したコン・ユは28日、ファンミーティングに先駆け、現地の報道陣と会い、記者会見を行った。

 会見では、多くの報道陣が詰めかけ、彼の熱い人気を証明。やはりこの日の記者会見では、映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」やドラマ「鬼<トッケビ>」についての質問が中心だった。

 「新感染 ファイナル・エクスプレス」でのように、全世界がゾンビに感染した場合、自分と共にした人を生かすことができるなら、誰を選ぶかという質問に、コン・ユは「いま飼っている2匹の猫を選ぶ」とし、「もし彼らがゾンビ猫になったら、とても怖いだろう」と突拍子もない答えで、笑いを誘った。

 コン・ユは最も記憶に残る作品として、「鬼<トッケビ>」を挙げ、「一番最近撮った作品なので、たくさん記憶に残っている」と説明。次の作品についての質問には、「悪役に挑戦してみたい。これまで比較的まっすぐなキャラクターばかり演じてきたので、これからはいい加減で、ブラブラとした悪しき人物も演じたい。もしくは、クレイジーな役も良いと思う」と願望を語った。

 中国で、「鬼<トッケビ>」を通じて大きな人気を博したコン・ユは、「国民の夫」という修飾語が付くようになった。「国民の夫」という修飾語はどうかという質問に、彼はすぐに「良いだけではない」とし、「プレッシャーが大きい」と打ち明けた。「この修飾語が本当に良い賛辞で、僕が多くの方に愛されているということが分かる言葉だけれど、“国民”という修飾語はプレッシャーだ」と説明した。

 続けて、「鬼<トッケビ>」のセリフのおかげで、最近は海外ファンが自分を“アジョシ(おじさん)”と呼ぶとし、「“アジョシ”が、“オッパ(お兄さん)”より、はるかに気楽。もう僕もオッパと呼ばれる年齢ではないので、“若いアジョシ”という言葉も大丈夫だと思う」と付け加えた。
2017/04/30 14:56配信  Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
500円
Dr.VITAビタミンハンド...
2,900円
Dr.VITA-Eクリーム(...
2,900円
Dr.VITA-Bクリーム(...
2,900円
Dr.VITA-Aクリーム(...
9,460円
STAR FOCUS JAP...
6,500円
DIAMOND CAP No...
おすすめ情報
永遠の命を巡る壮絶な戦いを描く、SFエンターテインメント!「SEOBOK/ソボク」予告編&ポスター公開

コン・ユとパク・ボゴムどっちを選ぶ?映画「SEOBOK/ソボク」全3種類のムビチケ発売決定!

韓国でNO.1!大ヒットスタート!!  コン・ユ × パク・ボゴムが贈るSFエンターテインメント SEOBOK/ソボク公開決定・ティザービジュアル・予告編<第一弾>

真髄と夢のルーツを探るドキュメンタリー映画『ジェジュン:オン・ザ・ロード』 公開日が2021年7月2日(金)に決定!ポスタービジュアル&予告編映像も本日解禁!

キム・ヘス、ユ・アインら豪華キャストが共演!韓国ウォンが急下落した通貨危機の裏を描く衝撃作『国家が破産する日 』5月1日(土)から Huluで独占配信

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.